ル・ブラン (アンドル県)

ル・ブランLe Blanc)は、フランスサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏アンドル県コミューン

Le Blanc
Blason de la ville de Le Blanc (36).svg

Le Blanc 01.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏Centre flag.svg
(département) アンドル県Blason département fr Indre.svg
(arrondissement) ル・ブラン小郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 36018
郵便番号 36300
市長任期 ジャン=ポール・シャントゥグ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Brenne - Val de Creuse
人口動態
人口 6 946人
2009年
人口密度 121人/km2
住民の呼称 Blancois[1]
地理
座標 北緯46度38分04秒 東経1度03分49秒 / 北緯46.6344444444度 東経1.06361111111度 / 46.6344444444; 1.06361111111座標: 北緯46度38分04秒 東経1度03分49秒 / 北緯46.6344444444度 東経1.06361111111度 / 46.6344444444; 1.06361111111
標高 最低:72 m
最高:140 m
面積 57.61km2
Le Blancの位置(フランス内)
Le Blanc
Le Blanc
公式サイト www.ville-leblanc.fr
テンプレートを表示

地理編集

県の南西端にあり、自然区分上はボワショー・ノール地方に属する。クルーズ川が流れる。シャテルローより51km離れている。

交通編集

  • 鉄道 - パリ=ボルドー間路線、ポルト・ド・ピル-アルジャントン=シュル=クルーズ路線、サン=ブノワ=デュ=ソル路線、ブランカルジャン鉄道など多くの路線がル・ブランを通る。しかし現在はコミューン内に駅はなく、最寄は39km離れたアルジャントン=シュル=クルーズ駅となる。

歴史編集

 
ル・ブランを流れるクルーズ川

ベリーポワトゥートゥーレーヌの各州の境界にあったル・ブランは、おそらくクルーズ川を渡る監視所から発生したと考えられる。白を意味する現在の地名についての由来は不明瞭である。かつてはOblincum、Oblenc、Oublanc、Doublanc、Du Blancと記されていた。

アンシャン・レジーム時代の終わりまで、コミューンはクルーズ川に分断されていた。バ・ヴィルと呼ばれる北の地域は、ローマ街道沿いにできたサン・ジェニトゥール教会を中心に発展し、ベリー地方に属した。南のヴィル・オートはベリーとポワトゥーに分断されており、相対する防衛用の城が築かれていた。現在はどれも現存していない。中世、2つに分かれた町の間に橋が架かっていたが、1530年の洪水で流れてしまった。それから300年間、2つの町をつないだのは渡し舟だった。19世紀初頭に橋が再建されると、ル・ブランの都市化が進んだ。

人口統計編集

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
6 402 6 767 8 024 7 769 7 361 6 995 6 927

参照元:1968年以降Insee[2],[3]

出身者編集

姉妹都市編集

脚注編集

  1. ^ "Nom des habitants des communes françaises, La Blanc". le site habitants.fr de la SARL Patagos. 6 février 2012.閲覧 |access-date=の日付が不正です。 (説明)
  2. ^ "Évolution et structure de la population (de 1968 à 2007)" (PDF). Insee. 2011年7月23日閲覧.
  3. ^ "Recensement de la population au 1er janvier 2008". Insee. 2011年7月23日閲覧.

外部リンク編集