メインメニューを開く

ル・マルトー・サン・メートル(Le marteau sans maître, 主なき槌)はフランス作曲家ピエール・ブーレーズの作品。

歴史編集

1947年から開かれたダルムシュタット夏季現代音楽講習会において、ブーレーズは「ピアノソナタ第2番」(1948年)、「ストリクチュール第1巻」(1951年)、「ポリフォニーX」(1951年)などの作品によりミュージック・セリエルの旗手として台頭していた。

その中でこの作品は1953年から1955年にかけて作曲され、1955年6月18日ハンス・ロスバウト指揮によってバーデン=バーデンで初演された。

編成編集

  • アルト(女声)ソロ、アルトフルートヴィオラギターヴィブラフォンシロリンバ打楽器
    • 中音域の楽器が多いことが特徴である。作曲者によると、シロリンバはアフリカのバラフォンを、ヴィブラフォンはバリのガムランを、ギターは日本のを模しているという[1]
    • フランス語ではヴィオラのことをアルトaltoと呼ぶため、フランス語での楽器編成には女声のAltoと楽器のaltoの表記に注意する必要がある。
    • 2014年現在はシロリンバのパートは4オクターブ・シロフォンで演奏されることが多く、シロリンバで演奏されることはほとんどなくなっている。シロリンバは樹脂の劣化が速く、思ったほど鳴らなくなってしまうことが分かったからである。

演奏時間編集

約37分(ブーレーズ本人の指揮)

構造編集

この作品は9楽章制である。

  1. 「怒る職人」の前奏
  2. 「孤独な死刑執行人たち」の補遺Ⅰ
  3. 「怒る職人」
  4. 「孤独な死刑執行人たち」の補遺Ⅱ
  5. 「美しい建物とさまざまな予感」
  6. 「孤独な死刑執行人たち」
  7. 「怒る職人」の後奏
  8. 「孤独な死刑執行人たち」の補遺Ⅲ
  9. 「美しい建物とさまざまな予感」変奏

ブーレーズ自身はこの作品がシェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」(1912年)の影響を受けたことを表明しており、アルトと6つの楽器という特殊なアンサンブル、1曲ごとに変化する楽器編成、曲全体が3つのサイクルに分かれている点はそれを示している。

またそれまでの「ストリクチュール第1巻」や「第2ソナタ」などの作品で顕著であった厳格なセリー・アンテグラルに対し、この作品ではより柔軟な使い道を示準しておりセリーの自由度が飛躍的に高まった。

テクスト編集

テクストはフランスシュルレアリスムの詩人ルネ・シャールの詩集「ル・マルトー・サン・メートル」(1930年)から3つの詩が用いられている。またブーレーズは既に2つのカンタータ作品『水の太陽』『婚礼の顔』で彼の詩を用いていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ピエール・ブーレーズ/クロード・サミュエル 笠羽映子訳『エクラ/ブーレーズ-響きあう言葉と音楽』青土社、2006年1月20日、ISBN 4-7917-6251-7、286頁

外部リンク編集