ル・ロックル

ル・ロックル(Le Locle)は、スイスヌーシャテル州にあるコミューンで、ル・ロックル郡の郡庁所在地である。日本ではル・ロクルとも表記される。

ル・ロックル
Le Locle
ル・ロックル - ル・ロックルのトロワ・ロワビル
ル・ロックルのトロワ・ロワビル
スイスの旗 スイス
カントン ヌーシャテル州
ル・ロックル郡
座標 北緯47度04分 東経6度42分 / 北緯47.067度 東経6.700度 / 47.067; 6.700座標: 北緯47度04分 東経6度42分 / 北緯47.067度 東経6.700度 / 47.067; 6.700
人口 10,052人 (2010年12月31日)[1]
- 人口密度 434 /km2 (1,125 /sq mi)
面積  23.14 km2 (8.93 sq mi)[2]
標高 945 m (3,100 ft)
郵便番号 2400
SFOS番号 6436
首長 デニス・デ・ラ・ロイシル
周囲 ラ・ショー=ド=フォンラ・ショー=デュ=ミリューラ・サーニェル・セルヌー=ペキニョレ・ブルネレ・プランシェットレ・ポン=ド=マルテルヴィエ=ル=ラック (フランス・FR-25)
公式サイト www.lelocle.ch
概要 (フランス語), SFSO統計
ル・ロックルの位置(スイス内)
ル・ロックル
ル・ロックル

その中心市街は、隣接するラ・ショー=ド=フォンの中心市街とともに、ユネスコ世界遺産リストに登録されている。

目次

地理編集

ル・ロックルはフランス国境と接しており、国境を越えるとフランスのヴィエ=ル=ラックVillers-le-Lac)である。

スイスの連邦統計局(l'Office fédéral de la statistique)によると、面積は 23.06 km2[3]で、その16.0%が住宅地やインフラストラクチャー、53.8%が農地、29.10% が森林、0.2% が遊休地である[3]

ル・ロックル市内には、ル・コル=デ=ロシュ(Le Col-des-Roches)、ル・クレ=デュ=ロックル(Le Crêt-du-Locle)、ル・コロゾ(Le Crozot)、ラ・ジャリュズ(La Jaluse)、ル・プレヴー(Le Prévoux)、ル・カルチエ(Le Quartier)、レ・ルプラット(Les Replattes)などの町がある。隣接するコミューンはレ・ブルネLes Brenets)、ラ・ショー=ド=フォンレ・ポン=ド=マルテルLes Ponts-de-Martel)、ラ・ショー=デュ=ミリューLa Chaux-du-Milieu)、ル・セルヌー=ペキニョLe Cerneux-Péquignot)である。

歴史編集

ル・ロックルでは、17世紀以来、時計製造業が営まれてきた。半ば伝説化した期限によれば、1679年にロンドンからこの地に初めて持ち込まれた懐中時計が壊れたとき、手先の器用なダニエル・ジャン=リシャールが修理を担当した。ジャン=リシャールはその縁で仕組みを分析し、独力で時計製造を行うまでに漕ぎ着けた。その彼が腰を落ち着け、後継者を育成したのがル・ロックルであった[4]

町は1833年と1844年の大火で焼失した後、碁盤目状の都市計画に基づいて整然とした町並みが形成された。

市の中心部は、隣接するラ・ショー=ド=フォンの中心市街とともに、2009年に「ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画」の名で、世界遺産リストに登録された。

人口編集

連邦統計局によれば、ル・ロックルの人口は10148人である(2008年)[5]。人口密度は 440 人 / km2

以下のグラフは1850年から2008年までの人口動態をまとめたものである[6]

 

文化編集

 
Rue du Crêt Vaillant 28, Hans-Christian Andersen

モン城(le Château des Monts)には、ル・ロックル時計博物館がある。この博物館は特に17世紀から18世紀の振り子時計や自動巻き時計のコレクションが充実している[7]

姉妹都市編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ Canton of Neuchatel Statistics, République et canton de Neuchâtel - Recensement annuel de la population (ドイツ語) accessed 13 October 2011
  2. ^ Arealstatistik Standard - Gemeindedaten nach 4 Hauptbereichen
  3. ^ a b Statistique de la superficie standard – Données communales selon 4 domaines principaux [archive] sur Office fédéral de la statistique. Consulté le 13/01/2009
  4. ^ 『ミシュラングリーンガイド・スイス』実業之日本社、1991年、pp.69-70 ; ICOMOS [2009] p.204
  5. ^ Bilan de la population résidante permanente (total) selon les districts et les communes [archive] sur Office fédéral de la statistique. Consulté le 13/01/2009
  6. ^ « Evolution de la population des communes 1850-2000 », sur Office fédéral de la statistique (consulté le 13 janvier 2009)
  7. ^ 「人と時」研究所 [1993]『16世紀から20世紀のスイス時計』実業之日本社