ルーク・ケイジ (テレビドラマ)

ルーク・ケイジ』(原題: Marvel's Luke Cage、またはLuke Cage)は、2016年から2018年に配信されたアメリカ合衆国テレビドラマシリーズ。マーベル・コミックの同名キャラクターを基に、ネットフリックスが製作したスーパーヒーローアクション・ドラマで、マーベル・シネマティック・ユニバースに属する作品である。[1]。出演は、マイク・コルターマハーシャラ・アリ、シモーヌ・ミシックなど。2016年9月30日に第1シーズン、2018年6月22日に第2シーズンが配信され完結した[2]

Luke Cage
ルーク・ケイジ
ジャンル
原作 Archie Goodwin|
George Tuska
Roy Thomas
ジョン・ロミータ・Sr
Luke Cage
原案 チェオ・ホダリ・コーカー
出演者
作曲
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 2
話数 26(各話リスト)
各話の長さ 44 – 69分
製作
製作総指揮
プロデューサー
  • Aïda Mashaka Croal
  • Akela Cooper
  • Gail Barringer
撮影地 ニューヨーク
撮影監督 Manuel Billeter
編集
  • Jonathan Chibnall
  • Miklos Wright
  • Tirsa Hackshaw
製作
放送
放送チャンネルNetflix
映像形式
放送期間2016年9月30日 (2016-09-30) - 2018年6月22日 (2018-6-22)
番組年表
前作ジェシカ・ジョーンズ
続編アイアン・フィスト
テンプレートを表示

あらすじ編集

冤罪で服役していた男が超人的な能力と無敵の皮膚を獲得した。脱獄した男は悪に蝕まれるハーレムの街を救うため、ルーク・ケイジとして活躍する[3]

登場人物編集

『ルーク・ケイジ』のキャスト。上段左からマイク・コルターマハーシャラ・アリ、シモーヌ・ミシック、テオ・ロッシ、エリック・ラレイ・ハーヴェイ、ロザリオ・ドーソンアルフレ・ウッダード、ガブリエル・デニス、ムスタファ・シャキール、ジェシカ・ヘンウィック

※ 演の括弧内は日本語吹き替え。

メイン編集

マイク・コルター
役: ルーク・ケイジ(竹田雅則
マハーシャラ・アリ
役: コットンマウス(山野井仁
シモーヌ・ミシック英語版
役: ミスティ・ナイト(浅野まゆみ
テオ・ロッシ
役: シェイズ(田村真
エリック・ラレイ・ハーヴェイ英語版
役: ダイアモンドバック
ロザリオ・ドーソン
役: クレア・テンプル(本田貴子
アルフレ・ウッダード
役: マライア・ディラード(藤貴子
ガブリエル・デニス英語版
役: ナイトシェイド
ムスタファ・シャキール英語版
役: ブッシュマスター(俊藤光利
ジェシカ・ヘンウィック
役: コリーン・ウィング(ちふゆ
フィン・ジョーンズ
役: アイアン・フィスト(森宮隆
スティーヴン・ライダー英語版
役: ブレイク・タワー

エピソード編集

シーズン話数放送期間
1132016年9月30日 (2016-09-30)
2132018年6月22日 (2018-06-22)

*各シーズン全話一斉配信

シーズン1 (2016)編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本公開日
11"決意の時"
"Moment of Truth"
ポール・マクギガンチェオ・ホダリ・コーカー2016年9月30日 (2016-09-30)
22"街の掟"
"Code of the Streets"
ポール・マクギガンチェオ・ホダリ・コーカー2016年9月30日 (2016-09-30)
33"責任の所在"
"Who's Gonna Take the Weight?"
ギレルモ・ナヴァロMatt Owens2016年9月30日 (2016-09-30)
44"試合開始"
"Step in the Arena"
ヴィンチェンゾ・ナタリCharles Murray2016年9月30日 (2016-09-30)
55"名声のために"
"Just to Get a Rep"
Marc JobstJason Horwitch2016年9月30日 (2016-09-30)
66"無力な腰抜けども"
"Suckas Need Bodyguards"
Sam MillerNathan Louis Jackson2016年9月30日 (2016-09-30)
77"本当の自分"
"Manifest"
Andy GoddardAkela Cooper2016年9月30日 (2016-09-30)
88"急所を狙え"
"Blowin' Up the Spot"
Magnus MartensAïda Mashaka Croal2016年9月30日 (2016-09-30)
99"果たすべき本分"
"DWYCK"
Tom ShanklandChristian Taylor2016年9月30日 (2016-09-30)
1010"傷心の真実"
"Take It Personal"
Stephen SurjikJason Horwitch2016年9月30日 (2016-09-30)
1111"袋小路"
"Now You're Mine"
ジョージ・ティルマン・ジュニアChristian Taylor2016年9月30日 (2016-09-30)
1212"混沌に謳う詩"
"Soliloquy of Chaos"
Phil AbrahamAkela Cooper
Charles Murray
2016年9月30日 (2016-09-30)
1313"俺のやり方"
"You Know My Steez"
クラーク・ジョンソンAïda Mashaka Croal
チェオ・ホダリ・コーカー
2016年9月30日 (2016-09-30)

シーズン2 (2018)編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本公開日
141"ソウル・ブラザー No.1"
"Soul Brother #1"
ルーシー・リューチェオ・ホダリ・コーカー2018年6月22日 (2018-06-22)
152"白黒をつける時"
"Straighten It Out"
Steph GreenAkela Cooper2018年6月22日 (2018-06-22)
163"我を忘れて"
"Wig Out"
Marc JobstMatt Owens2018年6月22日 (2018-06-22)
174"越えゆく一線"
"I Get Physical"
サリー・リチャードソンMatthew Lopes2018年6月22日 (2018-06-22)
185"魂の行方"
"All Souled Out"
ケイシー・レモンズIan Stokes2018年6月22日 (2018-06-22)
196"光届かぬ場所"
"The Basement"
Millicent SheltonAïda Mashaka Croal2018年6月22日 (2018-06-22)
207"終わりはない"
"On and On"
Rashaad Ernesto GreenNicole Mirante Matthews2018年6月22日 (2018-06-22)
218"正しい道"
"If It Ain't Rough, It Ain't Right"
Neema BarnetteNathan Louis Jackson2018年6月22日 (2018-06-22)
229"勘弁してくれ"
"For Pete's Sake"
クラーク・ジョンソンMatt Owens
Ian Stokes
2018年6月22日 (2018-06-22)
2310"主となるもの"
"The Main Ingredient"
Andy GoddardAkela Cooper2018年6月22日 (2018-06-22)
2411"創造者"
"The Creator"
Stephen SurjikNicole Mirante Matthews
Matthew Lopes
2018年6月22日 (2018-06-22)
2512"相対せず"
"Can't Front On Me"
Evarado GoutAïda Mashaka Croal2018年6月22日 (2018-06-22)
2613"きっと忘れない"
"They Reminisce Over You"
Alex Garcia Lopezチェオ・ホダリ・コーカー2018年6月22日 (2018-06-22)

製作編集

2013年5月、マーベル・スタジオソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/コロンビア・ピクチャーズからルーク・ケイジの映像化の権利を買い戻した[4]。2014年にショーランナーを探し始め、2015年3月下旬にチェオ・ホダリ・コーカーを起用することを発表した[5][6]

評価編集

批評編集

本作は批評家から高い評価を受けている。第1シーズンは批評集積サイトのRotten Tomatoesに72件のレビューがあり、批評家支持率は92%、平均点は10点満点で7.95点となっている[7]。また、Metacriticには30件のレビューがあり、加重平均値は79/100となっている[8]

第2シーズンはRotten Tomatoesに62件のレビューがあり、批評家支持率は85%、平均点は10点満点で7.18点となっている[9]。また、Metacriticには13件のレビューがあり、加重平均値は64/100となっている[10]

受賞編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Marvel News, Blog, Articles & Press Releases | Marvel” (英語). Marvel Entertainment. 2020年6月13日閲覧。
  2. ^ WebCite query result”. www.webcitation.org. 2020年6月13日閲覧。
  3. ^ Brockington, Ariana (2018年3月6日). “Marvel’s ‘Luke Cage’ Season 2 Gets Premiere Date, Teaser Trailer (Watch)” (英語). Variety. 2020年6月13日閲覧。
  4. ^ Col locks up 'Cage' rights: Marvel character screen-bound. (News).(Brief Article) | HighBeam Business: Arrive Prepared”. web.archive.org. 2020年6月13日閲覧。
  5. ^ Tanz, Jason (2016年8月16日). “Why Netflix’s Luke Cage Is the Superhero We Really Need Now” (英語). Wired. ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2016/08/mike-colter-luke-cage/ 2020年6月13日閲覧。 
  6. ^ Spangler, Todd (2015年3月31日). “Netflix, Marvel Pick ‘Luke Cage’ Showrunner, Cheo Hodari Coker” (英語). Variety. 2020年6月13日閲覧。
  7. ^ (英語) Marvel's Luke Cage: Season 1, https://www.rottentomatoes.com/tv/luke_cage/s01 2020年6月13日閲覧。 
  8. ^ Marvel's Luke Cage, https://www.metacritic.com/tv/marvels-luke-cage 2020年6月13日閲覧。 
  9. ^ (英語) Marvel's Luke Cage: Season 2, https://www.rottentomatoes.com/tv/luke_cage/s02 2020年6月13日閲覧。 
  10. ^ Marvel's Luke Cage, https://www.metacritic.com/tv/marvels-luke-cage/season-2 2020年6月13日閲覧。 

外部リンク編集