ルース・ゴードン

ルース・ゴードン(Ruth Gordon, 1896年10月30日 - 1985年8月28日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の女優。本名はルース・ゴードン・ジョーンズ(Ruth Gordon Jones)。

ルース・ゴードン
Ruth Gordon
Ruth Gordon
1919年
本名 Ruth Gordon Jones
生年月日 (1896-10-30) 1896年10月30日
没年月日 (1985-08-28) 1985年8月28日(88歳没)
出生地 マサチューセッツ州クインシー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Gregory Kelly (1921-1927)
Garson Kanin (1942-1985)
 
受賞
アカデミー賞
助演女優賞
1968年ローズマリーの赤ちゃん
ゴールデングローブ賞
助演女優賞
1965年『サンセット物語
1968年『ローズマリーの赤ちゃん
その他の賞
テンプレートを表示
Ruth Gordon 1946.

来歴編集

第二次世界大戦後、端役を重ねて映画を中心に出演を続け、60歳前後のころから一気にキャリアが上昇した。小柄できついウィットを小気味よく飛ばす老女のキャラクターを多く演じ、次第に役柄と共にファンも増えてイメージが定着した。[要出典]

1968年ロマン・ポランスキー監督、ミア・ファロージョン・カサヴェテス主演のオカルトスリラー『ローズマリーの赤ちゃん』では、主人公二人の新婚夫婦が引っ越したアパートの隣人役を不気味に演じてアカデミー助演女優賞を受賞する[1]。後年製作される続編でも、特別出演的な役回りで登場した。

同年のサイコミステリー作品『何がアリスに起こったか?』に出演し、日本でも一気に知名度が広がった。[要出典]

1971年、青春ラブロマンス作品『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』では、80歳にして60歳以上年の離れたティーンエンジャーと恋に落ちる闊達でチャーミングな老女を若々しく演じた。この作品は一部保守的メディアに取り上げられ、物議をかもした。[要出典]

その他の代表作としては、テレビドラマ『刑事コロンボ』の「死者のメッセージ」で犯人役となる女流作家アビゲール・ミッチェル(恐らくアガサ・クリスティが元ネタで、『コロンボ』シリーズ中最高齢の犯人)を可愛らしく演じ、コロンボ警部と推理合戦を見せたほか、クリント・イーストウッドの『ダーティファイター』シリーズや、『マキシー 素敵な幽霊』などがある。

また、1942年に結婚した脚本家のガーソン・カニンと共に『アダム氏とマダム』などの脚本も手掛けた。

1985年脳梗塞のため88歳で死去した。

主な出演作品編集

脚本編集

脚注編集

  1. ^ Ruth Gordon Wins Supporting Actress: 1969 Oscars”. Oscars. 2020年12月15日閲覧。

外部リンク編集