メインメニューを開く

ルーズベルト物語』(Sunrise at Campobello)は小児麻痺を患ったフランクリン・ルーズベルト大統領とその家族の闘いを描いた1960年のアメリカ合衆国伝記映画である。ドア・シャリー脚本によるトニー賞を受賞した同名の舞台劇を原作としており、監督はヴィンセント・J・ドナヒュー英語版が務め、ラルフ・ベラミーグリア・ガースンヒューム・クローニンジーン・ヘイゲンらが出演した。

ルーズベルト物語
Sunrise at Campobello
監督 ヴィンセント・J・ドナヒュー英語版
脚本 ドア・シャリー
製作 ドア・シャリー
出演者 ラルフ・ベラミー
グリア・ガースン
ヒューム・クローニン
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ラッセル・ハーラン英語版
編集 ジョージ・ベームラー
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1960年9月28日
日本の旗 1961年12月22日
上映時間 144分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

受賞とノミネート編集

参考文献編集

  1. ^ The 33rd Academy Awards (1961) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年3月6日閲覧。
  2. ^ NY Times: Sunrise at Campobello”. NY Times. 2008年12月24日閲覧。

外部リンク編集