メインメニューを開く

ルートヴィヒ・ゲオルク・ジーヴェルト(Ludwig Georg Siebert、1874年10月17日 - 1942年11月1日)は、ドイツの政治家。ナチス・ドイツ期のバイエルン州首相。

ルートヴィヒ・ゲオルク・ジーヴェルト
Ludwig Georg Siebert
Ludwig Siebert.jpg
生年月日 1874年10月17日
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国
バイエルン王国の旗 バイエルン王国 ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン
没年月日 (1942-11-01) 1942年11月1日(68歳没)
死没地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州 プリーン・アム・キームゼードイツ語版
前職 裁判所判事
所属政党バイエルン人民党→)
Reichsadler Deutsches Reich (1935–1945).svg 国家社会主義ドイツ労働者党
称号 黄金ナチ党員バッジ
親族 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ジーヴェルトドイツ語版(息子)

Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州首相
在任期間 1933年 - 1942年

Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州経済大臣
在任期間 1933年 - 1934年
1936年 - 1942年

Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州文部大臣
在任期間 1936年 - 1942年

選挙区 24区(シュヴァーベン
当選回数 3回
在任期間 1933年 - 1942年

Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州議会議員
在任期間 1932年 - 1933年

その他の職歴
Wappen Lindau (Bodensee).png リンダウ市長
1919年 - 1933年)
Wappen von Rothenburg ob der Tauber.svg ローテンブルク・オプ・デア・タウバー市長
1908年 - 1919年)
テンプレートを表示

来歴編集

市長編集

ルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインに機関車技師の息子として生まれる[1]マンハイムの高校を卒業し、1893年から1897年にかけてミュンヘンで法学を学んだ[1]。1900年に司法試験に合格し、司法修習生としてフランケンタールドイツ語版で働いた後、バート・デュルクハイムノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセの裁判所で検察官を務めた[1]。1905年からはフュルトの裁判所で勤務し、1907年からはリンダウで判事を務めた。

1908年にローテンブルク・オプ・デア・タウバー市長に就任し、バイエルン人民党に入党した[2]。1919年にリンダウ市長に転任し、橋や公園・墓地の建設など公共事業政策に力を注いだ[1]

1931年1月に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)へ移籍した(党員番号356,673)[3]。当時、バイエルン州の市長にナチ党員はいなかったが、ジーヴェルトの入党でナチ党はバイエルン州で初めてナチ党に所属する市長を手に入れた[4]。1932年にバイエルン州議会議員に当選した。

バイエルン州首相編集

 
ミュンヘン会談を終え帰国するチェンバレン(右から2人目)を見送るリッベントロップ(右端)、エップ(中央)、ジーヴェルト(左から2人目)

ナチ党の権力掌握後の1933年3月9日にハインリヒ・ヘルトのバイエルン州政府がフランツ・フォン・エップにより解体された後、ジーヴェルトは3月16日に暫定財務大臣に就任し、4月12日に州首相に就任した。就任以降は、国家代理官に就任したエップの地位を狙い衝突を繰り返すようになる。1933年から1934年にかけて州経済大臣を務め、1936年に再任され、州文部大臣も兼務していた。

1933年からバイエルンの巨大採鉱会社の会長も務めており、11月9日には突撃隊に入隊し、1933年11月ドイツ国会選挙では24区(シュヴァーベン)から出馬し国会議員に当選した[1]。1938年には突撃隊大将に昇進し、4月12日には黄金ナチ党員バッジを授与された[3][2]。1939年からはドイツ・アカデミードイツ語版長官も務めた[5][6]

在任中に「ジーヴェルト計画」と呼ばれるバイエルン州の失業者対策の政策を実施したが、バイエルン州政府の資金が計画を実施するには不足していたことと、アドルフ・ヒトラーのドイツ中央政府の協力が得られなかったため、効果はほとんどなかった[7]。1937年から1941年にかけて、ヒトラーの命令でバイエルンにある城の復旧作業を監督した。

1942年にプリーン・アム・キームゼードイツ語版で死去した。存命中にローテンブルク・オプ・デア・タウバー、アウクスブルクシュパイアーから名誉市民号を付与されたが、第二次世界大戦後に剥奪されている[8][9]

家族編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e Dvorak, Burschenschaft, S. 428
  2. ^ a b Lilla, Statisten in Uniform, S. 617
  3. ^ a b Klaus D. Patzwall: Das goldene Parteiabzeichen und seine Verleihungen ehrenhalber 1934–1944. Patzwall, Norderstedt 2004, ISBN 3-931533-50-6, S. 87
  4. ^ Manfred Krapf: Oberbürgermeister, in Historisches Lexikon Bayerns
  5. ^ Bayerische Berg-, Hütten- und Salzwerke AG (BHS) (in German), Historisches Lexikon Bayerns, accessed: 6 May 2008
  6. ^ Deutsche Akademie, 1925–1945 (in German), Historisches Lexikon Bayerns, accessed: 6 May 2008
  7. ^ Hitler's Economy: Nazi Work Creation Programs, 1933–1936 google book review, author: Dan P. Silverman, publisher: Harvard University Press, Page 85
  8. ^ Preservation, Tourism and Nationalism: The Jewel of the German Past google book review, author: Joshua Hagen, publisher: Ashgate Publishing, Ltd., page 188
  9. ^ Stadt Speyer: Ehrenbürger Archived 2012年9月12日, at Archive.is (in German), accessed: 8 May 2008
  10. ^ Joachim Lilla: Siebert, Friedrich (Fritz), in ders. Staatsminister, leitende Verwaltungsbeamte und (NS-)Funktionsträger in Bayern 1918 bis 1945
公職
先代:
ハインリヒ・ヘルト
  バイエルン州首相
1933年 - 1942年
次代:
パウル・ギースラー