メインメニューを開く
ルートヴィヒ2世

ルートヴィヒ2世Ludwig II., 1824年8月15日 - 1858年1月22日)は、バーデン大公国の第5代大公(在位:1852年 - 1856年)。レオポルトとその妃であったスウェーデングスタフ4世アドルフの王女ゾフィー・ヴィルヘルミーネ(1801年 - 1865年)の長男。

生涯編集

カールスルーエで生まれ、1842年から1845年までウィーンハイデルベルクで学んだ。1852年4月24日に父が死去したため形式的に大公位に即いたが、ルートヴィヒ2世は精神を病んでおり政務を執ることができなかった。このため弟のフリードリヒ摂政を務め、4年後の1856年5月9日にルートヴィヒ2世は廃位された。その後1858年1月22日にカールスルーエで死去した。僅か33歳だった。

なお、ルートヴィヒ2世はカールスルーエの名誉市民に選ばれていた。

先代:
レオポルト
バーデン大公
1852年 - 1856年
次代:
フリードリヒ1世