メインメニューを開く

ルーヴェン・カトリック大学

ルーヴェン・カトリック大学オランダ語: Katholieke Universiteit Leuven)は、ベルギールーヴェンにある大学。1425年設立。フランデレン地域政府管轄で、よってフラマン語オランダ語)が主言語である(1968年に分離されたフランス語話者のためのルーヴァン・カトリック大学は、現在ルーヴァン=ラ=ヌーヴに移転している)。現在の英語公称はKU Leuven。そのため、対外的公称や世界大学ランキングでも、KU Leuvenと表記され、Catholic University of Leuvenとは表記されない。その他KULなどは略称として用いられる。イメージカラーは青と白。鍵のエンブレムもシンボルとなっている。

KU Leuven
Katholieke Universiteit Leuven
scroll atop shield outline
校章
別名 University of Leuven, ルーヴェン・カトリック大学
モットー Seat of Wisdom(知の集まる場)
種別 Public
設立年 1425年 (1425)
資金 €950,000,000
Chairman Herman Daems
職員数
11,534
学生総数 58,045
所在地 ベルギー
Vlaams-Brabant,Leuven, Belgium
教授言語 オランダ語、英語
スクールカラー          青と白
公式サイト www.kuleuven.be/kuleuven/
KULEUVEN.jpg
テンプレートを表示
キャンパスの一部となっているアレンバーグ城

フランデレン地域の現地語であるオランダ語をはじめ、英語でのプログラムが多く開講されており、その地理的立地からも欧州を中心とした留学生に広く門を開いている。

パリ大学ケルン大学ウィーン大学をモデルとし、中世において既に主要な大学の一つとして有名であった。16世紀には人文主義者として著名なエラスムスが教え、ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語を学ぶカレッジを設立したことで知られる。[1]現代人体解剖学の創始者とされるアンドレアス・ヴェサリウスもここで教鞭をとった。[2] 

また、三角測量を発展させたゲンマ・フリシウスや、メルカトル図法ゲラルドゥス・メルカトルらもここで学びまた教えた。[3]

近年はタイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)による世界大学ランキング(Times World University Rankings)におけるTop50位の常連校である。またロイター(Thomson Reuters)の発表する、もっとも革新的なヨーロッパの大学(Europe's most innovative universities)ではヨーロッパで4年連続1位[4]の地位となっている。これには大学が抱える特許の引用数が密接にかかわっている。

なお、世界最大のビールメーカーであるアンハイザー・ブッシュ・インベブは、ここルーヴェンに本社を構える。[5] 大学とは寄付講座など通して密接な関係を保っている。e.g.Chair InBev-Baillet Latour EU-Russia[6],InBev-Baillet Latour EU-China Chair [7]

カトリックと名前がついているものの、ヨーロッパの歴史上、プロテスタントに対抗するカトリック勢力の教育の地であっただけである。現代において教育的な意味合いで宗教色はなく、建築様式や文化においてその面影が残るだけである。

歴史編集

1425年にローマ教皇マルティヌス5世によって創立され、現存するカトリック系大学では世界最古である。また低地地方(ネーデルランド)において最古の大学である。第一次世界大戦における1914年のドイツ軍のルーヴェン侵攻によって、大学図書館などキャンパスの多くの建物が焼失した。軍事施設ではなく学術機関を対象に攻撃を行ったことで、この事実は世界でも大きく非難され、日本にもルーヴェン国際事業委員会が設立されたほどである。東京帝国大学などでも義援金が募られた[8]。図書館は戦後アメリカ義援金やドイツの賠償金によって再建された。また1921年、当時皇太子であった昭和天皇がルーヴェンに行啓したことで、これをきっかけとして後に大日本帝国からから約15,000冊の日本古書等が寄贈された。

その後、1940年の第二次世界大戦中に、再度図書館はナチスドイツ軍の作戦により焼失し、再び戦後復興され現在に至っている。歴史を通じて、ベルギー北部地域の教育の中心を担ってきた。

教育編集

1985年に設立された、欧州各国の総合大学で、国際的に高い水準と認められている大学間における協力体制作りを推進する組織である「コインブラ・グループ」において中心的な存在であり、また2002年に設立された欧州研究重点大学の同盟(League of European Research Universities)(ヨーロッパ研究大学連盟)にもベルギー唯一の大学として加盟している。EU域内の大学との学生交流にも力を入れており、エラスムスなどのプログラムを利用して多くの学生が学んでいる。さらには、その他の地域とも関係強化を進めている。

学部編集

学部は3つの分野に分けることができる。

  • 人文・社会学系統
    • 神学・宗教学部
    • 教会法学部
    • 哲学会
    • 法学部
    • 経済・経営学部
    • 社会科学部
    • 人文科学部
    • 心理・教育科学部
  • 科学・工学・技術系統
    • 科学部
    • 工業科学部
    • 生物化学部
    • 科学技術学部
    • 建築・現代デザイン・地域設計学部
    • 生物学部
    • 土木工学部
    • 化学部
    • 情報科学部
    • 地球環境学部
    • 電子技術学部
  • 生物科学系統
    • 薬学部
    • 調剤科学部
    • 運動リハビリ学部
    • 循環科学部
    • 細胞分子医学部
    • 臨床・実験学部
    • 人類遺伝子学部
    • 病理学部
    • 運動機能学部
    • 細菌免疫学部
    • 神経科学部
    • 腫瘍学部
    • 口腔保健学部
    • 公共衛生学部
    • 調剤薬科学部
    • 繁殖・発達・再生学部
    • リハビリ科学部

カレッジ編集

特にルーヴァンの街の中心部に点在している。現在のルーヴァンにおいては教育の主体としてでなく、建物としてのカレッジをさすことが多い。主なカレッジとして以下のものがある。

  • De Valk College (College of Falcon:1434年設立):Law
  • De Lelie College (College of Lily):Arts Faculty
  • De Burchat College (College of Fortress):Arts Faculty
  • Het Valken College (College of Pig):Arts Faculty
  • Pauscollege (Pope's College:1523年設立): Faculty of Theology and Religious Studies
  • Maria Theresia College(1778年設立): Faculty of Theology
  • Koningscollege (King's College:1579年設立):Zoological Institute
  • Premonstratensian College(1571年設立):Institute for Physics
  • Atrechtcollege (Arras College:1508年設立):Study Advisory Centre and Chinese Studies
  • Van Dalecollege (Van Dale College:1569年設立):Student Facilities Department
  • Heilige Geestcollege (College of the Holy Spirit):Student Residence
  • Hogenheuvelcollege (High Hill College): Faculty of Economics and Business

キャンパス編集

ルーヴァンおよびヘフェルリーの街全体にキャンパスが点在している。学生数も多く、キャンパスも多いため、通勤・帰宅時間にもなると学生たちの大移動を見ることができる。MBAなど一部のプログラムはブリュッセルキャンパスで開講されている。またフランダース西部のKortrijkにもキャンパスを持つ。タマムシのオブジェがそびえる大学図書館前は、Oude Markt、Old Town Hall前と並びルーヴェンの主要な3広場の一つであり、学生及び市民の憩いの場となっている。

著名な卒業生編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集