メインメニューを開く

ルーベン・マムーリアン英語: Rouben Mamoulian, 1897年10月8日 - 1987年12月4日)は、グルジアで生まれ、アメリカ合衆国で活躍した映画監督

ルーベン・マムーリアン
Rouben Mamoulian
ルーベン・マムーリアン Rouben Mamoulian
1930年代
生年月日 (1897-10-08) 1897年10月8日
没年月日 (1987-12-04) 1987年12月4日(90歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国トビリシ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハリウッド
配偶者 Azadia Newman

略歴編集

グルジアのトビリシアルメニア系の家庭に生まれ、1922年にロンドンに移り舞台監督となり、すぐにアメリカ合衆国に渡る。ブロードウェイではジョージ・ガーシュウィンの作品や『ポーギーとベス』、ミュージカルオクラホマ!』などを手がける。1929年に初めての映画『喝采』を制作。フレドリック・マーチがアカデミー賞を受賞した『ジキル博士とハイド氏』、長編映画として初めて3色式テクニカラーを採用した『虚栄の市』、グレタ・ガルボ主演の『クリスチナ女王』、マレーネ・ディートリヒ主演の『恋の凱歌』、バーバラ・スタンウィック主演の『ゴールデン・ボーイ』などを監督。

1959年の『ポギーとベス』の監督であったが、途中で交代させられる。また1963年の『クレオパトラ』でも途中で交代させられ、以後映画を撮ることはなかった。

主な監督作品編集

外部リンク編集