メインメニューを開く

ルーマニア国章(ルーマニアのこくしょう)では、ルーマニア歴代政府が制定した紋章を一覧にする。

ルーマニアの国章
Coat of arms of Romania.svg
詳細
使用者 ルーマニア
採用 2016年

現在の国章編集

1989年12月のルーマニア革命によって成立した新生ルーマニアは、1992年9月24日に国章を共産時代のものから王国時代のものに近いデザインに改めた。この国章では、青い金(黄)が描かれ、さらにその鷲が五分割された青との盾を抱くという意匠になっている。

2016年2月15日ルーマニア上院において、同年6月8日ルーマニア下院において、王国時代もルーマニアの歴史の一部であるということを示すために国章に王冠を復活させる法案が可決された。これにより、鷲の頭に王冠を付け加えた新しい国章に変更されたが、法案には君主制の復活を自動的に意味するものではないことも同時に記載されている[1]2018年12月31日までは移行期間としてこれまでの国章を使用することができる[2][3]

構成編集

歴代の国章編集

王国時代1881年1945年)の国章
共産党政権時代1945年1989年)の国章
ルーマニア革命後(1989年~)の国章

出典編集

参考文献編集

関連項目編集