メインメニューを開く

ルームシェアの女』(ルームシェアのおんな)は、NHK総合テレビの「よるドラシリーズ」(月曜日~木曜日、23:00~23:15)枠で2005年1月10日から2月17日に放送されたテレビドラマ。(全6週間・24回。第2週の1月17日は阪神・淡路大震災10周年記念特集のため休止。同20日を2本立てとした)

お笑いコンビオセロ中島知子がドラマ初主演の作品である。

あらすじ編集

バツイチの管理栄養士・宇佐美うさ子(中島知子)と妻に出て行かれたイラストレーター・杉田修平(佐々木蔵之介)が、ルームシェアを通じてパートナーになるまでを描く。

「ルームシェア」とは、見ず知らずの他人同士が部屋を分け合って(シェアして)ひとつ屋根の下で暮らすという意味。

うさ子は、一人息子の太郎と二人暮らしの生活を送るバツイチの母。第二の人生を自立して生きようと、太郎を長野県の実家に預けて単身上京する。しかし、住居探しに一苦労。そんな中、うさ子は修平という男性から同居相手を探していることを知る。見ず知らずの男性だけあって、うさ子の母、宇佐美早苗(大空真弓)は心配する。修平はうさ子ともう一人の女性合わせて3人での同居を意図していたが、女性が急に同居をキャンセルしたため、うさ子は修平と二人での「ルームシェア」を決めることになる。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集