ルーム』(Room)は、2015年カナダアイルランドイギリス米国で製作されたドラマ映画。フリッツル事件を基に書かれたエマ・ドナヒュー英語版小説部屋英語版』を原作としている。監督はレニー・エイブラハムソン、主演はブリー・ラーソンが務めた。

ルーム
Room
監督 レニー・エイブラハムソン
脚本 エマ・ドナヒュー英語版
原作 エマ・ドナヒュー
部屋英語版
製作 エド・ギニー英語版
デヴィッド・グロス
製作総指揮 アンドリュー・ロウ
エマ・ドナヒュー
ジェシー・シャピーラ
ジェフ・アークス
デヴィッド・グロス
ローズ・ガーネット
テッサ・ロス
出演者 ブリー・ラーソン
ジェイコブ・トレンブレイ
ジョアン・アレン
ショーン・ブリジャース英語版
ウィリアム・H・メイシー
音楽 スティーヴン・レニックス
撮影 ダニー・コーエン
編集 ネイサン・ヌーゲント
製作会社 Telefilm Canada
Filmnation Entertainment
Bórd Scannán na hÉireann/Irish Film Board
Element Pictures
No Trace Camping
Film4
配給 カナダの旗 エレベーション・ピクチャーズ英語版
アメリカ合衆国の旗 A24
日本の旗 ギャガ/カルチュア・パブリッシャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年9月4日
テルライド映画祭
アメリカ合衆国の旗 2015年10月16日
日本の旗 2016年4月8日
上映時間 118分[1]
製作国 カナダの旗 カナダ
アイルランドの旗 アイルランド
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,000,000[2]
興行収入 $36,200,000[3]
日本の旗 3億8000万円[4]
テンプレートを表示

本作は第40回トロント国際映画祭で観客賞を受賞するなど、批評家・観客の双方から高い評価を得た。

概要 編集

序盤
5歳の男の子 ジャックは、優しいママと一緒に「6畳の部屋」で暮らしていた。体操をして、TVを見て、ケーキを焼いて、楽しい時間が過ぎていく。この扉のない高い天窓だけがある「部屋」が、ふたりの全世界だった。
ジャックが5歳になったとき、ママは何も知らないジャックに、「ママの名前はジョイ、この「部屋」の外には本当の世界があるの」と打ち明ける。実は、ジョイは7年間もの間、ずっとオールド・ニックという男によって監禁されており、これまで何度も脱走を試みようとしていたが失敗していたのだ。
中盤
混乱するジャックを説き伏せて、決死の脱出を図るふたり。ママは脱出するためにジャックを病気だと偽り、病院に駆け込むことを思いつくが、用心深いオールド・ニックは「解熱剤を持ってきてやる」といって相手にしない。そこで、ジャックに死んだ振りをさせることで、外の世界へ連れ出してもらうことにする。
カーペットに包んだジャックを担ぎ、オールド・ニックは外に出た。トラックの荷台に置かれたジャックは、ママの奥歯をお守りにして逃げ出すチャンスをうかがい、犬を散歩中の男性に助けを求めた。犬を散歩中の男性が警察に通報し、ジャックは無事保護された。
だが、自分の名前は言えるが、ママの名前が分からない。優秀な婦人警官のパーカー巡査は、ジャックとの会話をヒントにして監禁されていた場所を特定した。こうして、監禁男のオールド・ニックは逮捕され、ジャックはママと再会した。検査のため病院に入院するが、ジョイの両親がすぐに駆けつける。
終盤
退院後は、「ばぁば」ことナンシー・ニューサムと、再婚した夫レオと同居することになった。ジャックは次第に「世界」に適応していったが、ママの時間は「17才の高校生」のまま止まったままであり、7年もの闇を家族で埋めるのは容易なことではなかった。
ジョイが誘拐された後、実母ナンシーと実父ロバートは離婚していたのだが、「じぃじ」であるロバートは孫のジャックをどうしても受け入れることができなかった。そんな家族の温度差や、マスコミの心ない質問にジョイは傷ついていた。
そしてついに、ジョイは服毒自殺を図ってしまう。ジャックが発見したおかげで、一命はとりとめたものの、心の傷は容易には治らなかった。そんなママに、ジャックは自分の髪を切って贈り、ジョイは次第に元気を取り戻してゆく。ジャックは、レオの犬とも仲良くなり成長していった。
ラスト
ある日ジャックは、ママと共に”部屋”を見に行くことになる。ベッドや冷蔵庫など生活用品はすべて、警察によって押収されていた。ジャックにとって、広い世界だと思っていたその納屋は、陰惨で狭い薄汚れた部屋だったのだ。

キャスト 編集

※括弧内は日本語吹替

ジャックの母親。7年間“部屋”に監禁されている。
ジョイの息子。生まれてから“部屋”を出たことがない。
ジャックの実の祖母。
ジョイを“部屋”に監禁している男。
ジャックの実の祖父。

スタッフ 編集

  • 監督:レニー・アブラハムソン
  • 製作:エド・ギニー、デヴィッド・グロス
  • 製作総指揮:
  • 原作:エマ・ドナヒュー
  • 脚本:エマ・ドナヒュー
  • 撮影:ダニー・コーエン
  • プロダクションデザイン:イーサン・トーマン
  • 衣装デザイン:リア・カールソン
  • 編集:ネイサン・ヌーゲント
  • 音楽:スティーヴン・レニックス

製作 編集

2013年9月3日、レニー・エイブラハムソンがエマ・ドナヒューの小説『部屋』を原作とした映画で監督を務めると報じられた[5]。同年4月9日、ブリー・ラーソンが主演を務めることが決まった[6]。11月10日、ジョアン・アレン、ジェイコブ・トレンブリー、ウィリアム・H・メイシーが本作に出演すると報じられた[7]

本作の主要撮影2014年10月10日からトロントで行われ、同年12月15日に終了した[8]

公開 編集

本作の製作に先立って、A24フィルムスがアメリカでの配給権を獲得した[9]

2015年9月4日、本作はテルライド映画祭でプレミアを迎えた。また、第40回トロント国際映画祭のスペシャル・プレゼンテーションでも上映され、最高賞である観客賞を受賞。[10]。10月16日にはアメリカでの限定公開が始まり、11月6日から上映規模を拡大公開[11]

評価 編集

映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには31件のレビューがあり、批評家支持率は97%、平均点は10点満点で8.2点と高評価を受けている。批評家の意見の要約は「ここ10年で最高の一作」「この数年、これほどまでに心を動かされた映画はない」など、大絶賛されている[12]

受賞 編集

カテゴリ 対象者 受賞結果
第40回トロント国際映画祭 観客賞 受賞[13]
バンクーバー国際映画祭 最優秀カナダ映画賞 受賞[14]
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2015 主演女優賞 ブリー・ラーソン 受賞[15]
ブレイクスルー賞 ジェイコブ・トレンブレイ 受賞
第25回ゴッサム・インディペンデント映画賞 女優賞 ブリー・ラーソン ノミネート
第73回ゴールデングローブ賞 主演女優賞(映画演技賞ドラマ部門) ブリー・ラーソン 受賞
作品賞(映画作品賞 ドラマ部門) ノミネート
第22回全米映画俳優組合賞[16] 主演女優賞 ブリー・ラーソン 受賞
第69回英国アカデミー賞 主演女優賞 ブリー・ラーソン 受賞
第88回アカデミー賞[17] 主演女優賞 ブリー・ラーソン 受賞
作品賞 ノミネート
監督賞 レニー・エイブラハムソン ノミネート
脚色賞 エマ・ドナヒュー ノミネート
カナダ・スクリーン・アワード [18] 主演女優賞 ブリー・ラーソン 受賞
主演男優賞 ジェイコブ・トレンブレイ 受賞
監督賞 受賞
編集賞 受賞
脚本賞 受賞
第90回キネマ旬報ベスト・テン 海外映画ベスト・テン 10位

出典 編集

  1. ^ ROOM”. British Board of Film Classification (2015年11月5日). 2016年9月15日閲覧。
  2. ^ With indie films such as 'Brooklyn' and 'Room,' the creativity often begins with the financing”. Los Angeles Times (2015年12月29日). 2016年9月15日閲覧。
  3. ^ Room (2016)”. The Numbers. 2016年9月15日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43
  5. ^ Lenny Abrahamson to Direct Movie Adaptation of Best-Selling Novel 'Room'”. 2015年9月21日閲覧。
  6. ^ Brie Larson Enters Lenny Abrahamson’s Captivity Drama ‘Room’”. 2015年9月21日閲覧。
  7. ^ AFM: William H. Macy, Joan Allen Join Brie Larson’s ‘Room’”. 2015年9月21日閲覧。
  8. ^ On the Set for 12/15/14: JJ Abrams Wraps The Cellar, Tom Hiddleston Finishes I Saw the Light & More”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月21日閲覧。
  9. ^ Cannes: Brie Larson Drama 'Room' Goes to A24 Films (Exclusive)”. 2015年9月21日閲覧。
  10. ^ Toronto to open with 'Demolition'; world premieres for 'Trumbo', 'The Program'”. 2015年9月21日閲覧。
  11. ^ Brie Larson’s ‘Room’ Set for Oct. 16 Release”. 2015年9月21日閲覧。
  12. ^ Room (2015)”. 2015年10月11日閲覧。
  13. ^ Searching for global excellence at TIFF, then choosing Toronto”. 2015年10月22日閲覧。
  14. ^ Media Release: Brooklyn Wins VIFF Rogers People's Choice Award”. 2015年10月22日閲覧。
  15. ^ 作品賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』!ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表”. シネマトゥデイ (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  16. ^ レオナルド・ディカプリオ 主演男優賞受賞 全米映画俳優組合賞映画部門発表”. シネマトゥデイ (2016年2月1日). 2016年2月2日閲覧。
  17. ^ 88th ANNUAL ACADEMY AWARDS 第88回アカデミー賞特集 ノミネート&結果一覧”. シネマトゥデイ. 2016年2月29日閲覧。
  18. ^ “『ルーム』カナダの映画賞で最多9部門を受賞”. シネマトゥデイ. (2016年3月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0081217 2016年3月22日閲覧。 

外部リンク 編集