メインメニューを開く

ルーリシャニア (Luolishania) は、カンブリア紀に生息していた葉足動物の1属。澄江動物群に属するLuolishania longicruris によって知られる。

ルーリシャニア
生息年代: Cambrian Stage 3
地質時代
カンブリア紀Cambrian Stage 3
分類
: 動物界 Animalia
階級なし : 汎節足動物 Panarthropoda
葉足動物 "Lobopodia"
: ルーリシャニア科 Luolishaniidae
: ルーリシャニア属 Luolishania
Hou & Chen, 1989
学名
Luolishania
Hou & Chen, 1989
  • Luolishania longicruris
    Hou & Chen, 1989

特徴編集

全長は1.5cmほど。背中には3列の棘が走り、体節に対応していた。爪を具えた14-16対の葉足をもち、前の5対は長く発達しており、繊毛状の構造が並んでいる[1]。頭部には1対の単眼触角を持つ[2]。繊毛を持った葉足と消化管の内容物に基づいて、濾過摂食者であったと考えられる[2]

分類編集

ルーリシャニアの汎節足動物における系統的位置は議論的である。2010年代以降の多くの分岐学的知見では、ルーリシャニアはハルキゲニアなどの葉足動物と共に有爪動物のステムグループ(初期脇道系統)に属するとされる[3][4]。一方で、これらを独立した別系統の汎節足動物と見なす知見もある[5][6]。それ以前では、基盤的な葉足動物節足動物の初期系統に属するなど、様々な系統的位置が挙げられた[7]

ルーリシャニアに近縁と思われ、共にルーリシャニア科に属する葉足動物は、Miraluolishania、"コリンズ・モンスター"(Collinsium など)、オウァティオウェルミスなどが挙げられる[5]。その中で、Miraluolishania をルーリシャニアのシノニムと見なす知見もある[7]ファシバーミスもこの類の近縁属であると考えられる[5]

参考文献編集

  1. ^ Hou, X.; Bergström, J. A. N. (1995). “Cambrian lobopodians-ancestors of extant onychophorans?”. Zoological Journal of the Linnean Society 114: 3. doi:10.1111/j.1096-3642.1995.tb00110.x. 
  2. ^ a b “Morphology of Luolishania longicruris (Lower Cambrian, Chengjiang Lagerstätte, SW China) and the phylogenetic relationships within lobopodians” (英語). Arthropod Structure & Development 38 (4): 271–291. (2009-07-01). doi:10.1016/j.asd.2009.03.001. ISSN 1467-8039. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1467803909000176. 
  3. ^ Smith, Martin R.; Ortega-Hernández, Javier (2014). “Hallucigenia's onychophoran-like claws and the case for Tactopoda”. Nature 514 (7522): 363–366. Bibcode2014Natur.514..363S. doi:10.1038/nature13576. PMID 25132546. http://dro.dur.ac.uk/19108/1/19108.pdf. 
  4. ^ Smith, Martin; Caron, Jean-Bernard (2015-07-02). “Hallucigenia’s head and the pharyngeal armature of early ecdysozoans”. Nature 523: 75–78. doi:10.1038/nature14573. https://www.researchgate.net/publication/279175919_Hallucigenia's_head_and_the_pharyngeal_armature_of_early_ecdysozoans?_sg=tPP39HzR3Y85HSoIz3Z_3R9QAEnGoCkg5EeKDgfXJvdvXh_t77A9A1qUt-c97CtWxLRBFNlUJgVtxm7Tq6Lptr37rbSiCslHcg. 
  5. ^ a b c Caron, Jean-Bernard; Aria, Cédric (2017-01-31). “Cambrian suspension-feeding lobopodians and the early radiation of panarthropods” (英語). BMC Evolutionary Biology 17 (1). doi:10.1186/s12862-016-0858-y. ISSN 1471-2148. PMC: PMC5282736. PMID 28137244. https://doi.org/10.1186/s12862-016-0858-y. 
  6. ^ Siveter, Derek J.; Briggs, Derek E. G.; Siveter, David J.; Sutton, Mark D.; Legg, David (2018-08-01). “A three-dimensionally preserved lobopodian from the Herefordshire (Silurian) Lagerstätte, UK” (英語). Royal Society Open Science 5 (8): 172101. doi:10.1098/rsos.172101. ISSN 2054-5703. http://rsos.royalsocietypublishing.org/content/5/8/172101. 
  7. ^ a b Palaeos Panarthropoda: Lobopodia: Luolishaniidae”. palaeos.com. 2018年10月10日閲覧。

関連項目編集