ルー・ジャクソン

ルー・ジャクソンLouis Clarence "Lou" Jackson , 1935年7月26日 - 1969年5月27日)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州出身の元プロ野球選手外野手)。愛称は「黒い稲妻」、「褐色の弾丸」、「黒いアトム」。

ルー・ジャクソン
Lou Jackson
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州リバートン
生年月日 (1935-07-26) 1935年7月26日
没年月日 (1969-05-27) 1969年5月27日(33歳没)
身長
体重
174 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1957年
初出場 MLB / 1958年7月23日
NPB / 1966年
最終出場 MLB / 1964年5月11日
NPB / 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

1957年シカゴ・カブスと契約。1958年7月23日にメジャーデビュー。1960年から1963年まではメジャーでの出場は無かったが、1964年ボルチモア・オリオールズでメジャー再昇格。

1966年サンケイアトムズに入団し、来日。小柄な体格ながら俊足・強肩を武器に活躍。翌1967年からは新たに入団したデーヴ・ロバーツとのコンビで弱小だったアトムズ打線を支えた。同年はオールスターゲームにも出場している。

当時のアメリカでは黒人差別が顕著な時代でジャクソンも少なからず差別を受けていたという。しかし、新天地・日本ではそういった差別もあまりなかったことからのびのびとプレーをしていた。

滞日4年目の1969年3月26日、オープン戦に出場したジャクソンは打席で倒れ、そのまま東京慈恵会医科大学附属病院に搬送された[1]。4月26日に手術を受けるも、5月27日に膵臓壊死により33歳で死去した。遺体は横田基地を経由して母国に送られた。太平洋戦争中に日本領の硫黄島で戦死したハリー・オニールを除けば2013年現在、日本で死亡した唯一のメジャーリーグ経験者である[2]

ジャクソンの死の原因は偏食にあったとされている。特に焼き鳥が大好物で毎日かかさず食べていたといい、また妻との離婚問題を抱えていた上、ホームシックによる精神の不安を静めるために飲酒も欠かさなかった[3]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1958 CHC 24 36 35 5 6 2 1 1 13 6 0 1 0 0 1 0 0 9 1 .171 .194 .371 .566
1959 6 4 4 2 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
1964 BAL 4 8 0 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .375 .375 .375 .750
1966 サンケイ 97 385 346 39 88 11 3 20 165 43 11 8 0 1 32 7 6 62 3 .254 .327 .477 .804
1967 117 480 439 72 130 27 1 28 243 79 13 7 1 2 36 9 2 76 10 .296 .351 .554 .904
1968 115 450 416 44 91 14 0 20 165 59 8 8 0 4 27 1 3 97 4 .219 .269 .397 .666
MLB:3年 34 48 47 7 10 2 1 1 17 7 0 1 0 0 1 0 0 13 1 .213 .229 .362 .591
NPB:3年 329 1315 1201 155 309 52 4 68 573 181 32 23 1 7 95 17 11 235 17 .257 .316 .477 .793

記録編集

NPB

背番号編集

  • 22 (1958年 - 1959年途中)
  • 42 (1959年途中 - 同年終了)
  • 44 (1964年)
  • 15 (1966年 - 1967年)
  • 3 (1968年 - 1969年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小川勝『プロ野球助っ人三国志』毎日新聞社、1994年、ISBN 4620310069
  2. ^ http://www.baseball-reference.com/bio/Japan_died.shtml
  3. ^ 妻との関係は1967年には険悪になっており、1968年には妻を残し前年に生まれた娘は義母に預けて一人で訪日していた。そして、朝昼晩の食事が毎回ビールと焼き鳥だけで(ビールは10本飲むこともあった)、一方で米もパンも野菜も食べなかった。ジャクソンが死んだ時も看取ったのは妻ではなく義母であった。( 近藤唯之『プロ野球 騒動その舞台裏』 新潮文庫 1990年 ISBN 4-10-132208-2 )。

関連項目編集

外部リンク編集