レアンドロ・ダミアン・ダ・シウバ・ドス・サントス

ブラジルのサッカー選手
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はダ・シウバ第二姓(父方の)はドス・サントスです。

レアンドロ・ダミアン・ダ・シウバ・ドス・サントス(Leandro Damião da Silva dos Santos、1989年7月22日 - )は、ブラジルパラナ州ジャルジン・アレグレポルトガル語版出身のサッカー選手川崎フロンターレ所属。ポジションはフォワードレアンドロ・ダミオンと表記されることもある。

レアンドロ・ダミアン Football pictogram.svg
DamiaoInter2013 (cropped).jpg
インテルナシオナルでのダミアン (2013年)
名前
本名 レアンドロ・ダミアン・ダ・シウバ・ドス・サントス
Leandro Damião da Silva dos Santos
ラテン文字 LEANDRO DAMIÃO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1989-07-22) 1989年7月22日(30歳)
出身地 ジャルジン・アレグレポルトガル語版
身長 188cm
体重 90kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
ユース
2007 ブラジルの旗 アトレチコ・イビラマ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 ブラジルの旗 アトレチコ・イビラマ
2007 ブラジルの旗 XV de Outubro-SC (loan)
2008 ブラジルの旗 マルシリオ・ジアス (loan)
2008 ブラジルの旗 ツバラン (loan)
2009-2013 ブラジルの旗 インテルナシオナル 124 (43)
2014-2018 ブラジルの旗 サントス 26 (6)
2015 ブラジルの旗 クルゼイロ (loan) 23 (4)
2016 スペインの旗 レアル・ベティス (loan) 3 (0)
2016-2017 ブラジルの旗 フラメンゴ (loan) 22 (5)
2017-2018 ブラジルの旗 インテルナシオナル (loan) 43 (18)
2019- 日本の旗 川崎フロンターレ 23 (9)
代表歴
2012  ブラジル U-23 6 (6)
2011-2013 ブラジルの旗 ブラジル 17 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年12月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

アトレチコ・イビラマポルトガル語版の下部組織に所属する17歳までサンパウロの貧しい地区でプレーするアマチュア選手で、プロクラブの下部組織に所属した経験はない[1]。1500円程度のギャラで時折他チームの助っ人としてプレーすることもあった[2]

2009年にSCインテルナシオナルへ入団。2010年にはリーグ戦で7得点を記録し2010年8月19日に行われたコパ・リベルタドーレス決勝のCDグアダラハラ戦2ndレグでは途中交代で出場すると勝ち越しゴールを挙げチームを優勝へ導いた[1]レコパ・スダメリカーナでは2試合にフル出場し1stレグで1得点、2ndレグで2得点を挙げた。

2016年2月4日、スペインラ・リーガレアル・ベティスへシーズン終了までの契約で加入した[3]

2016年7月14日フラメンゴが加入を発表した。ベティスでは3試合に出場した。 同年はフラメンゴとサントスでプレイしセリエA15試合2得点を記録した。

2017年は前半をフラメンゴで後半を自身初のブラジレイロ・セリエB所属のインテルナシオナルでプレイしリーグ戦24試合11ゴールを記録しインテルナシオナルのブラジレイロ・セリエA復帰に大きく貢献した。また公式戦35試合15ゴールを記録した。

2018年もインテルナシオナルでプレイし、ブラジレイロ・セリエA26試合10ゴールを記録した。同年の12月12日、契約延長交渉が纏まらなかった為交渉を打ち切り同シーズン限りで退団することを発表した[4]

12月14日、2019年シーズンからJリーグ川崎フロンターレへ完全移籍で加入することが発表された[5]。 2月16日のFUJI XEROX SUPER CUPにてJリーグデビューを飾った。後半7分にこぼれ球を左足で叩き込み移籍後初ゴールとなる決勝弾を決め、川崎フロンターレを優勝に導いた。7月19日、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019チェルシーFC戦で交代出場し、後半42分、ショートコーナーから中村憲剛がペナルティーエリア内でボールを蹴りあげ、それを合わせ、決勝点となる先制点を決め、フロンターレの大金星に貢献した。シーズンを通して、スタメンで出場する試合もあれば、ベンチ外になる試合もあったりとしっかりとレギュラー獲得とまではいかず、23試合9ゴールという成績でシーズンを終えた。しかし、2019シーズンのシュート決定率で3割3分3厘は、浦和の興梠慎三と並びリーグトップの成績であった[6]

代表歴編集

ブラジル代表として、2011年3月27日、親善試合のスコットランド戦でA代表デビューを果たした。同年9月6日のガーナとの親善試合で代表初得点となる決勝点を挙げた。ロンドンオリンピックにも出場し、6得点を挙げ得点王となった。

Jリーグでの個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2019 川崎 9 J1 23 9 5 1 3 1 31 11
2020
通算 日本 J1 23 9 5 1 3 1 31 11
総通算 23 9 5 1 3 1 31 11
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2019 川崎 9 6 2
通算 AFC 6 2

タイトル編集

クラブ編集

SCインテルナシオナル
川崎フロンターレ

個人編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集