メインメニューを開く

レイジンソウ(伶人草、学名:Aconitum loczyanum R. Raymund)は、キンポウゲ科トリカブト属多年草

レイジンソウ
Aconitum loczyanum1.jpg
レイジンソウの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: トリカブト属 Aconitum
: レイジンソウ A. loczyanum
学名
Aconitum loczyanum R. Raymund
和名
伶人草

概要編集

明るい林の中や山地の草原に生える多年草。近畿地方以西の本州や、四国九州に分布する。和名は伶人草で、花の形が伶人(舞楽の奏者)が被る冠に似ていることからつけられた。高さ40-80cmになり、上部には密に短毛が生える。根生葉には長い柄があり、掌状に5-7裂する。茎葉は小さい。花は8-10月に茎の先や葉の腋につき、淡紅紫色で長さ約2.5cm、外側に開出毛が生える。花柄は長さ1-1.5cmで、開出した毛が密に生える。

参考文献編集

  • 林弥栄『山渓カラー名鑑・日本の野草』山と渓谷社、1983年、488頁。ISBN 4-635-09016-7

関連項目編集