レイズ英語: Laze)は「Lava haze」(溶岩ヘイズ)のことで、灼熱の溶岩が冷たい海水に入ったときに発生する蒸気の爆発で発生する酸性雨大気汚染のことである。[1]

レイズは溶岩と冷たい海水との相互作用で発生するもので、火山の割れ目から発生する「ヴォグ」とは異なる。

外部リンク編集

関連項目編集

参照編集

  1. ^ Volcanic Air Pollution—A Hazard in Hawai`i