レイチェルの結婚

レイチェルの結婚』(Rachel Getting Married)は、2008年アメリカ映画

レイチェルの結婚
Rachel Getting Married
監督 ジョナサン・デミ
脚本 ジェニー・ルメット
製作 ジョナサン・デミ
ネダ・アーミアン
マーク・プラット
製作総指揮 イロナ・ハーツバーグ
キャロル・カディ
出演者 アン・ハサウェイ
撮影 デクラン・クイン
編集 ティム・スキュアーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年10月3日
日本の旗 2009年4月18日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $16,623,013[1]
テンプレートを表示

第65回ヴェネツィア国際映画祭出品。主演のアン・ハサウェイ第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

目次

ストーリー編集

キムは10年間、薬物治療のリハビリ施設の入退院を繰り返していたが、姉のレイチェルの結婚式のために実家に帰ってくる。

キャスト編集

主な受賞編集

出典編集

  1. ^ Rachel Getting Married (2008)”. Box Office Mojo. 2010年7月5日閲覧。

外部リンク編集