レイチェル・フラット

レイチェル・エリザベス・フラット英語: Rachael Elizabeth Flatt, 1992年7月21日[2] - )は、アメリカ合衆国の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。

レイチェル・フラット
Rachael Flatt
Figure skating pictogram.svg
Rachael FLATT NHK Trophy 2010.jpg
2010年NHK杯の表彰式で
選手情報
生年月日 (1992-07-21) 1992年7月21日(28歳)
代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出生地 カリフォルニア州デル・マー
身長 157 cm
体重 50 kg
元コーチ ジャスティン・ディロン
リン・スミス
Suzy Semanick Schurman (1997-2000)[1]
Tiffany Mayes (1997-2000)[1]
Cindy Sullivan (2000-2001)[1]
Robi Chalmers (2000-2001)[1]
トム・ザカライセック
元振付師 ローリー・ニコル
レイチェル・フラット
ジャスティン・ディロン
トム・ディクソン
所属クラブ ブロードムーアSC
引退 2014年1月11日
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 182.49 2010 バンクーバー五輪
ショート 64.64 2010 バンクーバー五輪
フリー 118.08 2011 四大陸選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界国別対抗戦
2009 東京 団体
世界ジュニア選手権
2008 ソフィア 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2007 グダニスク 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2010年バンクーバーオリンピックアメリカ代表、2010年全米選手権優勝、2008年世界ジュニア選手権優勝。

人物編集

1992年7月21日、カリフォルニア州デル・マーで、生化学エンジニアの父と分子生物学者の母の一人娘として生まれる。学校の授業では理系科目が得意で、フランス語も「一応話せる」[2]。2010年5月、高校卒業後1年間は練習に専念し、2011年秋からスタンフォード大学に進学して工学を専攻する予定であることをデンバー・ポスト紙に公表した[3]。2015年6月14日に生物学の学位を取得し卒業した[4]

技術編集

何種類かの3回転-3回転のコンビネーションジャンプを跳ぶことができる選手で、2005-2006シーズンにトウループ-トウループ、2006-2007シーズンにルッツ-トウループ、2008-2009にフリップ-トウループを習得した。2008-2009シーズンのフリースケーティングには、反時計回りと時計回りの両方の向きで回るスピンを取り入れている[2]2011年世界選手権のショートプログラムでは、ストレートラインステップシークエンスでレベル4を獲得した[5]

経歴編集

4歳でスケートを始めた。父の仕事でコロラド州ボールダーに住まいを移してからはコロラドスプリングスのリンクに通っていた。しかし、車で片道2時間かけて通うのが大変だったため、ついには同地に引っ越してしまった[2]

コロラドスプリングスのリンクに通い始めて以来、トム・ザカライセックの指導を受けている[2]。2001年から2004年まではアンドリュー・スペロフペアスケーティングに取り組んでいた[6][2]シングルに専念するようになってから、2004-2005シーズンの全米選手権ノービスクラス、トリグラフトロフィーノービスクラスでそれぞれ優勝。

2006年の全米選手権ジュニアクラスで2位となる。翌2006-2007シーズンは国際大会への派遣が予定されていたが、ケガのため出場できなかった。2007-2008シーズンからISUジュニアグランプリ (JGP) に参戦するとたちまち初優勝し、JGPファイナルでも2位に入る活躍を見せた。全米選手権ではシニアクラスに出場して2位となり、世界ジュニア選手権では初出場初優勝。

2008-2009シーズンはISUグランプリシリーズに参戦し、ロシア杯で2位に入るなど健闘した。全米選手権でも2年連続の2位に入り、初めての世界選手権では5位に食い込んだ。2009-2010シーズンは全米選手権で優勝し、バンクーバーオリンピックでは自己ベストを記録して7位入賞。世界選手権は9位だった。

2010-2011シーズン、NHK杯スケートアメリカは共に2位で、初のグランプリファイナルに出場。しかし、足の怪我のためにSP、FSともに国際大会での過去最低スコアを出し6位に終わった。[7]SPを変更して挑んだ全米選手権では3度目の銀メダルを獲得。四大陸選手権では表彰台に乗ることはできなかったものの、FSでパーソナルベストを出すなど健闘した。世界選手権のSPでは女子選手としては4人目のステップシークエンスでのレベル4を獲得。しかし、FSでは足の怪我の影響[8]により、3回転ルッツを外したジャンプ構成で滑ったものの、ミスが相次ぎ12位に順位を落とした。

2012-2013シーズン、スケートアメリカで9位。その後、右足とくるぶしの怪我により、シーズン全ての試合を欠場すると発表した[9]

2013-2014シーズン、ニース杯では9位。最後の出場と決めて挑んだ全米選手権では18位。競技生活に終止符を打った[10]

2015年9月にハーバード大学で行われたAn Evening with Championsにて、医学部進学のためにプロスケーターを引退する意向を示した[11]

主な戦績編集

大会/年 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 7
世界選手権 5 9 12
四大陸選手権 7 4
世界国別対抗戦 4
全米選手権 1 N 2 J 5 2 2 1 2 6 18
GPファイナル 6
GPスケートアメリカ 4 2 2 9
GPロシア杯 2 9
GPスケートカナダ 10
GPNHK杯 2
GP中国杯 4
ニース杯 9
世界Jr.選手権 1
JGPファイナル 2
JGP B.シュベルター杯 2
JGPウィーン杯 1
トリグラフトロフィー 1 N
  • N = ノービスクラス
  • J = ジュニアクラス

詳細編集

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 20
46.57
17
88.57
18
135.14
2013年10月23日-27日 2013年ニース杯ニース 18
41.59
7
88.59
9
130.18
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年10月19日-21日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカケント 10
43.72
9
92.37
9
136.09
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 9
52.71
4
112.27
6
164.98
2011年11月24日-27日 ISUグランプリシリーズロステレコム杯モスクワ 8
53.36
9
94.27
9
147.63
2011年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズスケートカナダミシサガ 3
54.23
10
73.99
10
128.22
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 8
57.22
14
97.39
12
154.61
2011年2月15日-20日 2011年四大陸フィギュアスケート選手権台北 3
62.23
4
118.08
4
180.31
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 2
62.32
2
121.06
2
183.38
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUグランプリファイナル北京 6
45.19
6
82.38
6
127.57
2010年11月11日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカポートランド 4
51.02
1
111.84
2
162.86
2010年10月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 3
53.69
1
107.35
2
161.04
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 6
60.88
9
106.56
9
167.44
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 5
64.64
8
117.85
7
182.49
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 3
83.69
1
130.76
1
200.11
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 2
58.80
1
116.11
2
174.91
2009年10月29日-11月1日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 5
58.80
5
98.91
4
157.71
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月16日-19日 2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 5
58.40
4
113.41
4
171.81
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 7
59.30
5
113.11
5
172.41
2009年2月2日-8日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権バンクーバー 8
55.44
7
107.39
7
162.83
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド 2
60.19
2
113.59
2
173.78
2008年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 3
55.92
2
110.14
2
166.06
2008年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 5
54.92
4
100.81
4
155.73
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 3
60.16
1
112.03
1
172.19
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 3
62.91
1
125.82
2
188.73
2007年12月6日-9日 2007/2008 ISUジュニアグランプリファイナルグダニスク 3
52.11
1
107.55
2
159.66
2007年10月10日-13日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 3
47.64
2
83.21
2
130.85
2007年10月6日-7日 日米対抗フィギュアスケート競技大会2007(横浜 3
53.78
- 1
団体
2007年9月12日-15日 ISUジュニアグランプリ ウィーン杯ウィーン 2
49.63
1
105.02
1
154.65
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月7日-11日 2007年エスミントチャレンジ杯 ジュニアクラス(ハーグ 1
46.00
1
100.42
1
146.42
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 6
56.51
5
103.24
5
159.75
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(セントルイス 1
53.58
5
83.87
2
137.45

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2013-2014 弦楽のためのアダージョ
作曲:サミュエル・バーバー
ピアノ協奏曲第2番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
2012-2013 コントラバヒシモ
作曲:アストル・ピアソラ
振付:レイチェル・フラット、ジャスティン・ディロン
火の鳥
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
振付:ローリー・ニコル
パガニーニの主題による狂詩曲
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
月の光
作曲:クロード・ドビュッシー
2011-2012 テレビドラマ『エデンの東』より
作曲:リー・ホールドリッジ
フォーリン
曲:アリシア・キーズ
2010-2011 サマータイム
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
Oh, But on the Third Day
作曲:ウィントン・マルサリス
テレビドラマ『エデンの東』より
作曲:リー・ホールドリッジ
10番街の殺人
作曲:リチャード・ロジャースアール・ワイルド
抱きしめたい
作曲:レノン=マッカートニー
ボーカル:クリス・コルファー

僕の歌は君の歌
ボーカル:ユアン・マクレガー
2009-2010 シング・シング・シング
曲:ルイ・プリマ
パガニーニの主題による狂詩曲
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
One Night Only
映画『ドリームガールズ』より
One Day I'll Fly Away
映画『ムーラン・ルージュ』より
ボーカル:ニコール・キッドマン
2008-2009[12] ムーン・リバー 映画『ティファニーで朝食を』より
作曲:ヘンリー・マンシーニ
ピアノ協奏曲第2番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
振付:ローリー・ニコル
ロマンティック・ラプソディ[13]
作曲:アンドレ・マテュー
風と海の対話 『』より
作曲:クロード・ドビュッシー
小舟にて 『小組曲』より
作曲:クロード・ドビュッシー
編曲:アンリ・ビュッセル
振付:ローリー・ニコル
シンプル・ギフト
演奏:アリソン・クラウスヨーヨー・マ
リスペクト
ボーカル:アレサ・フランクリン
2007-2008[12] そんなことはどうでもいいさ 歌劇『ポーギーとベス』より
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
ロマンティック・ラプソディ
作曲:アンドレ・マテュー
ブラック・ホース・アンド・チェリー・ツリー
曲:ケイティー・タンストール
リスペクト
ボーカル:アレサ・フランクリン
2006-2007[12] ピアノ三重奏曲第1番
作曲:ヨハネス・ブラームス
パリのアメリカ人
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
ブラック・ホース・アンド・チェリー・ツリー
曲:ケイティー・タンストール
2005-2006[12] 誰も寝てはならぬ 歌劇『トゥーランドット』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
2004-2005[12] サマータイム
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
火の鳥
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
サマータイム
作曲:ジョージ・ガーシュウィン

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d アメリカフィギュアスケート協会によるプロファイル、2009年4月1日閲覧
  2. ^ a b c d e f ワールドフィギュアスケート35号
  3. ^ Groke, Nick. Rachael Flatt will wait a year before enrolling at Stanford. Denver Post. 2010年5月4日.
  4. ^ The Inside Edge: Gao chooses books over blades
  5. ^ ISU World Figure Skating Championships 2011: Ladies Short Program. International Skating Union. 2011年4月29日. (PDFファイル)
  6. ^ 国際スケート連盟によるバイオグラフィー、2009年3月29日更新、同年4月1日更新
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ FLATT TO SIT OUT REMAINDER OF SEASON
  10. ^ Ramsey:Rachael Flatt enjoying her goodbye from competitive skating
  11. ^ The Inside Edge: Chen under the radar -- for now
  12. ^ a b c d e レイチェル・フラット公式サイト プログラム、2009年4月1日閲覧
  13. ^ 四大陸選手権後に前シーズンのプログラムへ戻した(国際スケート連盟によるバイオグラフィー、2009年3月29日更新、同年4月1日閲覧)。

外部リンク編集