メインメニューを開く

レイペピレー古希: Λειπεφίλη, Leipephilē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してレイペピレとも表記される。ヘーラクレースの甥イオラーオス[1]メガラーの娘[2]

ヘーラクレースは12の難行後、最初の妻メガラーをイオラーオスに与え[3]、その後2人の間にレイペピレーが生まれた。レイペピレーはヘーラクレイダイの1人ピューテースと結婚し、ヒッポテースと娘テーローを生んだ。テーローはアポローンとの間にカイローンを生んだ[4]。カイローンはカイローネイアの名祖であると言われる[1]

系図編集

 
アムピトリュオーン
 
 
 
アルクメーネー
 
 
 
ゼウス
 
ピューラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオーン
 
イーピクレース
 
アウトメドゥーサ
 
 
ヘーラクレース
 
メーダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メガラー
 
 
 
イオラーオス
 
 
 
 
 
 
アンティオコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイペピレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピューラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポテース
 
テーロー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレーテース
 
 
 
カイローン
 
 
 


脚注編集

  1. ^ a b パウサニアス、9巻40・6。
  2. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.48a。
  3. ^ アポロドーロス、2巻6・1。
  4. ^ ヘーシオドス断片190(パウサニアス、9巻40・6 による『大エーホイアイ』の引用)。

参考文献編集