メインメニューを開く

レイムンド・ベルトランRaymundo Beltran1981年7月23日 - )は、メキシコプロボクサーシナロア州ロスモチス出身。元WBO世界ライト級王者。マニー・パッキャオの元スパーリングパートナー。トレーナーはフレディ・ローチ

レイムンド・ベルトラン
Raymundo Beltran wins NABF Lightweight title, July 2012.jpg
基本情報
通称 Sugar
階級 ライト級
身長 173cm
リーチ 173cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1981-07-23) 1981年7月23日(38歳)
出身地 シナロア州ロスモチス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 47
勝ち 36
KO勝ち 22
敗け 9
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

来歴編集

1999年7月2日、アリゾナ州ツーソンツーソン・コンベンション・センターでビクトル・マヌエル・メンドーサと対戦し、3-0の判定勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。

1999年12月4日、アリゾナ州フェニックスのグレート・アラスカン・ブッシュ・カンパニーでビクトル・マヌエル・メンドーサと対戦し、プロ初黒星となる4回1-2(2者が37-38、39-36)の判定負けを喫した。

2001年5月26日、ミシガン州グランドラピッズヴァン・アンデル・アリーナでスティーブ・トランブルと対戦し、4回22秒TKO負けを喫した。

2002年10月1日、アリゾナ州フェニックスのドッヂ・シアターでカルロス・ディアスとFACARBOXフェザー級王座決定戦を行い、2回1分16秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年3月8日、キンタナ・ロー州カンクンのプラザ・デ・トロスでモイセス・ペレスとWBCアメリカ大陸スーパーフェザー級王座決定戦を行い、9回2分42秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年9月18日、パナマシティセントロ・デ・コンベンシオネス・フィガリWBAフェデラテンライト級王者アメス・ディアスと対戦し、4回48秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2011年3月4日、 ロサンゼルス郊外にあるウッドランドヒルズのワーナーセンター・マリオット・ウッドランドヒルズでカルロス・ビナンとUSBA全米ライト級王座決定戦を行い、ビナンが7回終了時に棄権した為座獲得に成功した。

2011年5月13日、ネバダ州プリムバッファロー・ビルズ・リゾート&カジノシャリフ・ボゲールNABO北米ライト級王座決定戦を行い、10回0-3(93-97、2者が94-96)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2012年1月6日、カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリング・カジノでルイス・ラモス・ジュニアとWBAフェデラテンライト級王座決定戦並びにNABA北米ライト級王座決定戦を行い、10回0-3(2者が93-97、94-96)の判定負けを喫しWBAフェデラテン王座の獲得に失敗、NABA北米王座の獲得にも失敗した。

2012年7月27日、ニュージャージー州アトランティックシティのリゾーツ・カジノ・ホテル・アトランティックシティでNABF北米ライト級王者ヘンリー・ランディと対戦し、10回2-0(95-95、2者が96-94)の判定勝ちを収め王座獲得に成功し再起した。

2012年12月6日、ネバダ州パラダイスザ・ミラージュ金智勲と対戦し、10回3-0(2者が98-92、97-94)の判定勝ちを収めNABF王座の初防衛に成功した。

2013年9月7日、イギリススコットランドグラスゴースコットランド・エキシビション&コンファレンスセンターWBO世界ライト級王者リッキー・バーンズと対戦し、2回に右ストレートでバーンズの顎を骨折させ、8回にはダウンを奪うなど王座交代を期待させたが12回1-1(112-115、114-114、115-113)の判定で引き分けた為、王座獲得に失敗した[1]。しかし不当判定と物議を醸し、ボクシングマスコミ関係者44人の採点では44人全てが対戦相手のベルトランの勝利を支持しており、バーンズの勝ちとしたのは1人もいなかった[2]

2014年4月12日、ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナでアラシュ・ウスマニーとNABO北米ライト級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が117-111、118-110)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年11月29日、ネブラスカ州オマハセンチュリーリンク・センター・オマハWBO世界ライト級王者テレンス・クロフォードと対戦し、12回0-3(2者が109-119、108-120)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[3]

2015年5月1日、ネバダ州ラスベガスのザ・コスモポリタン内にあるチェルシー・ボールルームでテレンス・クロフォードの王座返上に伴いWBO世界ライト級王座決定戦をWBO世界ライト級1位の粟生隆寛と行う予定だったが、前日計量でベルトランに体重超過があり粟生が勝利した場合のみ王座獲得となる条件で試合は行われた[4]。初回からペースを握ったベルトランが2回にダウンを奪い、立ち上がった粟生にさらに猛攻を仕掛けたところでレフェリーが試合をストップし、2回1分29秒TKO勝ちを収めた為、王座は空位となった[5]。なお、ベルトランが8万5千ドル、粟生が5万ドルのファイトマネーを稼いだがベルトランの体重超過に対し罰金などの処分は科せられなかった[6]

2015年5月23日、同年6月27日にカリフォルニア州カーソンスタブハブ・センターウンベルト・ソトとWBA世界スーパーライト級王座決定戦を行う予定だったが、上述の粟生戦後にネバダ州アスレチック・コミッションが実施した薬物検査でベルトランから違反薬物のスタノゾロールに対する陽性反応が出た為、試合は中止になった[7][8][9]

2015年8月13日、ネバダ州アスレチック・コミッションの聴聞会が開かれ、粟生隆寛戦のドーピング違反についてベルトランにファイトマネーの30%にあたる罰金25,500ドルと9ヵ月間の出場停止処分が科せられ、試合結果も無効試合に変更された[10][11]

2017年8月5日、ロサンゼルスマイクロソフトシアターで元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者ブライアン・バスケスと対戦し、10回2-0(96-94が2者、95-95)の判定勝ちを収めNABF王座とNABO王座は共に2度目の防衛にも成功した[12][13]

2018年2月16日、ネバダ州リノグランド・シエラ・リゾート・アンド・カジノテリー・フラナガンの王座返上に伴い元WBA世界ライト級王者でWBO世界ライト級2位のパウルス・モーゼスとWBO世界ライト級王座決定戦を行い、12回3-0(117-111×2、116-112)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[14][15]

2018年7月3日、レイムンド・ベルトランとロマン・アンドレーエフによる指名試合の入札が行われ、ベルトランを擁するトップランク社が252,000ドル(約2800万円)で興行権を落札した。ファイトマネーの分配はベルトランが75%の189,000ドル(約2100万円)、アンドレーエフが25%の63,000ドル(約700万円)で、アンドレーエフを擁するパトリオット・プロモーションズは入札に参加しなかった[16]。しかし、アンドレーエフは虫垂の切除手術を受け試合出場を辞退した[17]

2018年8月25日、アリゾナ州グレンデールでWBO世界ライト級2位のホセ・ペドラザと対戦するも、12回0-3(110-117×2、112-115)の判定負けを喫し、初防衛に失敗し王座から陥落した[18]

2019年2月10日、フレズノのセーブマート・センターにてホセ・カルロス・ラミレスVSホセ・ゼペダの前座で、岡田博喜とノンタイトル戦10回戦を行い、9回TKO勝ちを収めた。

2019年6月28日、カリフォルニア州でIBF世界ライト級王者リチャード・カミーと対戦を予定していたが、前日計量でベルトランに1.8ポンドの体重超過があり再計量まで2時間の猶予を与えられるもそれを拒否して計量失格となったため、カミーが勝利した場合のみ王座防衛となる条件で試合は行われ、8回KO負けを喫した。この試合でコミーは35万ドル(約3700万円)、ベルトランは20万ドル(約2100万ドル)のファイトマネーを稼いだが、ベルトランは計量失格の罰金としてファイトマネーの20%にあたる4万ドルを支払った[19]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ バーンズ、ダウンにアゴ骨折 幸運なドロー防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月8日
  2. ^ Burns - Beltran Press Scores Fight Score Collector 2013年9月8日
  3. ^ クロフォード無難な勝利、フェザー級戦はドロー決着 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月30日
  4. ^ ベルトラン体重超過、粟生隆寛は勝てば王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月1日
  5. ^ 粟生隆寛は2回TKO負け、3階級制覇ならず Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月2日
  6. ^ Raymundo Beltran 0.4 pounds heavy, ruled ineligible for belt against Ao ESPN.com 2015年4月30日
  7. ^ Humberto Soto, Raymundo Beltran to square off June 27 ESPN.com 2015年5月23日
  8. ^ Beltran Fails Drug Test Soto Fight Canceled FightNights.com(英語) 2015年6月2日
  9. ^ ワンヒンがWBCミニマム級防衛、テテが王座返上 Boxing News(ボクシングニュース)2015年6月3日
  10. ^ NASC suspends John Molina Jr., Raymundo Beltran, Shane Mosley Jr. ESPN.com 2015年8月13日
  11. ^ 粟生隆寛vsベルトランは無効試合に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月16日
  12. ^ Lomachenko-Marriaga undercard results Fightnews.com 2017年8月5日
  13. ^ ロマチェンコが圧勝V3、マリアガを7回終了TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月6日
  14. ^ Beltran beats Moses to win WBO lightweight title Fightnews.com 2018年2月16日
  15. ^ ベルトラン流血戦制す、WBOライト級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月17日
  16. ^ Lightweight world titleholder Raymundo Beltran to face Roman Andreev in August”. ESPN.com (2018年7月3日). 2018年7月10日閲覧。
  17. ^ Ray Beltran vs. Jose Pedraza, Not Roman Andreev, On 8/25”. Boxing Scene.com (2018年7月10日). 2018年7月14日閲覧。
  18. ^ ペドラサがベルトラン攻略 WBOライト級王者交代 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年8月26日
  19. ^ Beltran misses weight, can't win Commey's title”. ESPN.com (2019年6月28日). 2019年7月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
テリー・フラナガン
WBO世界ライト級王者

2018年2月16日 - 2018年8月25日

次王者
ホセ・ペドラザ