メインメニューを開く

レイモン・プリドール(Raymond Poulidor、1936年4月15日 - )はフランスクルーズ県出身の自転車ロードレース選手。1973年レジオンドヌール勲章を受章。

獲得メダル
Arc en ciel.svg
1974 モントリオール 個人ロードレース
1961 ベルン 個人ロードレース
1964 サランシュ 個人ロードレース
1966 ニュルブルクリンク 個人ロードレース
Poulidor.jpg

ツール・ド・フランスに14回出場、そのうち12回完走し、総合2位3回、総合3位5回の好成績を収めるも一度も優勝できなかった(付け加えると、ただの1日もマイヨジョーヌを着用することもできなかった)ことから「永遠の二番手」と呼ばれた。プリドールは選手として十分な才能を持ちながらも、不運なことにジャック・アンクティルエディ・メルクスという二人の傑出した名選手と同時代に活動した為に「永遠の二番手」に甘んじることとなった。しかし、ツール表彰台8回は史上最多である[注釈 1]

シクロクロス世界チャンピオンを経験したアドリ・ファンデルプールの義父である。

主な1位記録編集

主な「2位記録」編集

  • ツール・ド・フランス総合成績……1964・1965・1974
  • ツール・ド・フランス山岳賞部門……1963
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ総合成績……1965
  • 世界自転車選手権プロ・個人ロードレース……1974
  • ミラノ〜サンレモ……1964
  • フレッシュ・ワロンヌ……1972
  • パリ〜ニース総合成績……1966・1969
  • ドーフィネ・リベレ総合成績……1964・1965・1974
  • グランプリ・デ・ナシオン……1969
  • フランス国内選手権プロ・個人ロードレース……1965
  • バスク一周総合成績……1971
  • スーパープレスティージュ……1961・1972

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ランス・アームストロングも7度の優勝と1度の3位で8回表彰台に上がったが、ドーピングが発覚し取り消された。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集