レインボーロードは、香川県高松市にある通りの名称。高松市道上福岡多肥下町線(路線番号R0001)のうち、野田池東交差点(市道伏石大池線交点)から伏石町交差点(国道11号高松東バイパス交点)までの約650mの区間を指す。レインボー通りとも。

高松市内の通り
Rainbow Road sign, Takamatsu.jpg
レインボーロード
高松市道上福岡多肥下町線の愛称
都市計画道路福岡多肥上町線の一部
路線延長 約650m
開通年 1998年(平成10年)11月
道路の方角 北南
北端 香川県高松市松縄町1136番地1
南端 香川県高松市伏石町2133番地9
接続する
主な道路
記法
高松市道伏石大池線
高松市道伏石平塚線
国道11号高松東バイパス
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

高松市南部郊外における近隣商業地域の中心的街路で、総延長約650mの沿道には郊外型の大型小売店が多く立地している。通りはテーマごとに北から光・水・花・風のプロムナードに分かれており、幅員11mの歩道にはそのテーマに沿った街角モニュメントや水景施設、四季の植栽などが多数設置されている[1]

1986年(昭和61年)度に太田第2土地区画整理事業のメインストリートとして計画され、1998年(平成10年)11月に完成。1999年(平成11年)度には国土交通省大臣表彰「手づくり郷土(ふるさと)賞」を受賞した[2]

道路としてのこの通りは高松市道上福岡多肥下町線(路線番号R0001)の一部であり、都市計画道路福岡多肥上町線(路線番号=3・3・110)の一部でもある。市道上福岡多肥下町線の歩道も含めた道路全体の幅員は、レインボーロードの前後区間が22mであるのに対し、この通りに入ると17m増えて39mになる。ただし、その増加分は中央分離帯や主に歩道に対しての幅員であり、車線数や車道の幅員は変わらない。国道11号高松東バイパスが交差する伏石町交差点は渋滞が多発している。

レインボーロードの範囲編集

正式に定められたレインボーロードの範囲は都市計画道路福岡多肥上町線のうち、野田池東交差点(市道伏石大池線交点)から伏石町交差点(国道11号高松東バイパス交点)までの約650mの区間である。しかし、実際には正式な範囲が拡大解釈され、その前後区間の松縄交差点(市道花ノ宮木太線交点)から高松土木事務所前交差点(県道147号太田上町志度線バイパス交点)の区間もレインボーロードとする広義的な使用法もある。その使用法に則った例として、正式なレインボーロードの区間以外の沿道にもレインボー店やレインボーロード店、レインボー通り店を名乗る商業施設や、高松南警察署レインボー交番といった公共施設が立地している。

路線データ編集

 
沿線風景。

沿線施設編集

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 香川県の都市計画 IV市街地開発事業 (PDF)”. 香川県土木部都市計画課都市政策・計画グループ. 2013年5月12日閲覧。
  2. ^ 手づくり郷土賞”. 国土交通省事業統括調整官室 (2011年3月31日). 2013年5月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯34度18分37.5秒 東経134度3分37.3秒 / 北緯34.310417度 東経134.060361度 / 34.310417; 134.060361