レインボー会議(レインボーかいぎ)とは、1929年4月11日に関東における麻雀のルールの統一を行った会議である。 この会議では現在の日本における麻雀の基本ルールの多くが決定された。

概要編集

日本に麻雀が普及し始めた頃はルールは統一されておらず団体も乱立しており、基本的なルールでさえばらばらの状態だった。 関西では1927年に全関西麻雀連盟による統一ルール「全関西麻雀連盟標準麻雀競技規則」が制定され、関東に先んじて大規模な大会の開催に成功していた。 そこで國民新聞社と文藝春秋社が音頭を取り、当時の関東麻雀界の関係者と有識者が内幸町大阪ビル1号館内のグリル「レインボー・グリル」に集い、関東における統一ルールである「日本麻雀標準規則」を制定した。

参加人物編集

計26名。肩書は当時のもの。

・主唱代表

・起草委員長

・委員

  • 空閑緑(本名:空閑知鵞治、日本麻雀連盟の創立者)
  • 寺木定芳(歯科医、日本麻雀連盟副総裁)
  • 長尾克(日本麻雀連盟)
  • 林茂光(本名:鈴木郭郎、日本麻雀連盟)
  • 杉浦末郎(日本麻雀協会)
  • 松山省三(洋画家・カフェ経営者)
  • 菅忠雄(小説家)
  • 藤井尚治
  • 田口弼一(官僚)
  • 大池眞(官僚)
  • 木村衛(日本麻雀連盟)
  • 西門慶
  • 河村一郎(日本麻雀連盟理事長)
  • 田中隆一郎
  • 矢田真太郎
  • 西東南北
  • 小菅弘
  • 前田清(昭和麻雀会)
  • 高橋緑鳳(本郷麻雀会)
  • 船木慶一
  • 榛原茂樹(銀雀会)
  • 武天祐(日本麻雀連盟、李天公(本名:栗田貢)の代理として出席)
  • 伊藤忠夫

会議での決定事項編集

  • 符底は20符
  • 門前清摸和は一翻役、門前加符は10符
  • 平和役の例外事項(ツモの2符を無視することで門前清摸和と平和の複合を認める)
  • 満貫500点(現在のリーチ麻雀ルールで2000点相当)

その他編集

  • 日本麻雀連盟はこの決定事項の一部(平和役の例外事項)に異議を唱え、採用しない部分があった。