レイ・ウイルソン

イギリス・スコットランドの歌手

レイ・ウィルソンRay Wilson1968年9月8日 - )は、スコットランドダンフリーズ出身のミュージシャン

レイ・ウィルソン
Ray Wilson
Rayatlemingtonspa.jpg
基本情報
生誕 (1968-09-08) 1968年9月8日(53歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランド ダンフリーズ
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
グランジ
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギターベースハーモニカ
活動期間 1993年 - 現在
レーベル インサイド・アウトヴァージン
共同作業者 スティルトスキン
ジェネシス
公式サイト raywilson.co.uk

1997年プログレッシブ・ロック・バンド、ジェネシスに加入。その後脱退し、ソロ活動を行っている。

概要編集

スティルトスキンを経て、ピーター・ガブリエルフィル・コリンズに続く3代目ボーカリストとしてジェネシスに加入。アルバムコーリング・オール・ステーションズ』(1997年)を発表するが、あまり評価は得られず、まもなくバンドを脱退する。

ジェネシス加入時は、無名の新人が世界的ベテラン・バンドに加わるということで、批判的な声も多かった。そうしたプレッシャーもあってか、すぐにバンドを離れシンガーソングライターとしてソロ活動に入った。

現在、スティルトスキンを再結成させ、アルバムをリリースし、ツアーを行っている。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • Change (2003年)
  • The Next Best Thing (2004年)
  • Propaganda Man (2008年)
  • Chasing Rainbows (2013年)
  • Song for a Friend (2016年)
  • Makes Me Think of Home (2016年)
  • The Weight of Man (2021年)

ライブ・アルバム編集

  • Live and Acoustic (2002年) ※『Unplugged』として再発あり
  • Ray Wilson Live (2005年)
  • An Audience and Ray Wilson (2006年) ※限定CD及びダウンロード
  • Ray Wilson and the Berlin Symphony Ensemble, Genesis Klassik Live in Berlin (2009年)
  • Ray Wilson and the Berlin Symphony Ensemble, Genesis Classic Live in Poznan (2011年)
  • Genesis VS Stiltskin - 20 Years and More (2014年)
  • Up Close and Personal - Live at SWR1 (2014年)
  • Time and Distance (2017年)
  • ZDF@BAUHAUS May 20, 2018 (2018年)

コンピレーション・アルバム編集

  • Upon My Life (2019年)

シングル編集

  • "Change" (March 2003年)
  • "Yet Another Day" (April 2003年)
  • "Goodbye Baby Blue" (September 2003年)
  • "These Are the Changes" (June 2004年)

スティルトスキン編集

  • The Mind's Eye (1994年)
  • She (2006年)
  • Stiltskin Live (2007年) ※ライブ
  • Unfulfillment (2011年)[1]

ジェネシス編集

Cut_編集

  • Millionairhead (1999年)

Guaranteed Pure編集

  • Swing Your Bag (1993年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Ray Wilson and Stiltskin Live”. Raywilson.net. 2011年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月17日閲覧。

外部リンク編集