レイ・ブラウンRay Brown1926年10月13日 - 2002年7月2日[1])は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれのベース奏者であり、スウィング期、ビバップ期のジャズミュージシャン

レイ・ブラウン
Ray Brown
Milt Jackson and Ray Brown, New York, between 1946 and 1948 (William P. Gottlieb 04461).jpg
ミルト・ジャクソン(右)とレイ・ブラウン
基本情報
出生名 Raymond Matthew Brown
生誕 (1926-10-13) 1926年10月13日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没 (2002-07-02) 2002年7月2日(75歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州インディアナポリス
ジャンル ジャズ
職業 ベーシスト
担当楽器 ダブルベースチェロ
レーベル ヴァーヴパブロコンコードテラーク
共同作業者 エラ・フィッツジェラルドオスカー・ピーターソンL.A.フォア、スーパー・ベース

来歴編集

1946年にニューヨークに移り、ディジー・ガレスピーのバンドに加入。同年には、初のリーダー・アルバムを発表。

1947年に著名なボーカリストであったエラ・フィッツジェラルドと結婚。エラの義理の姉妹の子を養子に、レイ・ブラウン・Jrと名付け養育したが 1952年に離婚。

モダン・ジャズ・カルテット(1952年)の録音、オスカー・ピーターソン・トリオでの活躍、ソニー・ロリンズのアルバム『ウェイ・アウト・ウエスト』への参加、デューク・エリントンとの共演など、その的確な演奏は多くの人に親しまれた。また、リーダー・アルバムも数多く発表しており、エルヴィン・ジョーンズと共演した『サムシング・フォー・レスター』(1977年)などが知られる。

1974年から1982年まで、ブラウンはギタリストのローリンド・アルメイダ、サックス奏者でフルート奏者のバド・シャンク、ドラマーのシェリー・マン(1977年以降はジェフ・ハミルトンに交代)とともに、L.A.フォアとして一連のアルバムを演奏し、録音した[2]

1990年代後半には、複数のベーシストが共演する異色のバンド、スーパー・ベースを結成。クリスチャン・マクブライドと、ブラウンの弟子であるジョン・クレイトンを加えたベース3本の迫力ある演奏が話題となった。

2002年7月公演に出かけていたインディアナポリスのホテルで死去。75歳没。

今も多くのベーシストの尊敬を集める巨人である。最晩年までゲイリー・カー弓弾きの手ほどきを受けるなど、精力的な音楽家であった。

ディスコグラフィ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文歴編集

  • 村上春樹『意味がなければスイングはない』(文藝春秋、2005年)