メインメニューを開く
本来の表記は「厲公」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

厲公(れいこう、? - 紀元前816年)は(姜斉)の第9代君主。武公の子。

厲公 姜無忌
第9代公
王朝
在位期間 前824年 - 前816年
都城 臨淄
姓・諱 姜無忌
諡号 厲公
生年 不詳
没年 前816年
武公

生涯編集

武公26年(前825年)、武公が薨去したため、子の無忌が立って斉君となる[1](以降は「厲公」と表記する)。

厲公は暴虐であった[1]。厲公9年(前816年)、斉の国人たちは胡公[2]の子を立てようとし、厲公を攻め殺した[1]。しかしその際、胡公の子も戦死したので、斉の国人たちは厲公の子である赤(せき)を立てて斉君(文公)とした[1]。文公は、父の殺害に加わった者たちを処刑している[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『史記』「斉太公世家」
  2. ^ 3代前の王で、厲公の祖父である献公によって討たれた。

史料編集