レオノール・トマージア・デ・ロレーナ・イ・ターヴォラ

レオノール・トマージア・デ・ロレーナ・イ・ターヴォラLeonor Tomásia de Lorena e Távora, 3.ª Marquesa de Távora, 1700年3月15日 モガドウロ英語版 - 1759年1月13日 リスボン)は、ポルトガルの貴族女性。第3代ターヴォラ侯爵英語版。宰相セバスティアン・デ・カルヴァーリョの専権に反対する大貴族グループの中心人物で、ジョゼ1世暗殺を計画した罪で捕らえられ、家族や関係者と共に処刑された(ターヴォラ事件英語版)。

ターヴォラ女侯爵の細密画

第2代ターヴォラ侯爵ポルトガル語版の長男サン・ジョアン・ダ・パシュケイラ伯爵ルイシュ・ベルナルド・デ・ターヴォラ(1677年 - 1718年)と、初代カダヴァル公爵の娘アナ・デ・ロレーナ(1681年 - 1721年)の間の長女。母方の曾祖父でフランス貴族のアルマニャック伯爵に由来する「ロレーナ」の姓を母系で引き継ぐが、これはカダヴァル家を経由してロレーヌ公国公家の血筋を引くことを強調するためのものである。

1718年、同族で互いの母親が姉妹同士の従弟、第3代アルヴォル伯爵フランシスコ・デ・アシス・デ・ターヴォラと結婚、間に13人の子をもうけたが、成人したのは4人だけだった(♰はターヴォラ事件で夫妻と共に処刑された人物)。

  • マリアンナ・ライムンダ・ベルナルダ(1722年 - ?) - 第11代アトウギア伯爵ジェロニモ・デ・アタイデポルトガル語版♰と結婚
  • ルイシュ・ベルナルド♰(1723年 - 1759年) - 第4代ターヴォラ侯爵、父方叔母のテレザ・デ・ターヴォラ・イ・ロレーナ(ジョゼ1世王の公妾)と結婚
  • レオノール・トマージア(1729年 - 1790年) - 第2代アルロナ侯爵ジョアン・デ・アルメイダ・ポルトゥガルと結婚
  • ジョゼ・マリア♰(1736年 - 1759年)

参考文献編集

  • (ポルトガル語) Távora, Luíz de Lencastre. D. Leonor de Távora. O Tempo da Ira. O Processo dos Távora. Quetzal Editores. 2002