レオノール (ゴットランド公)

レオノール・リリアン・マリア・ベルナドッテLeonore Lilian Maria Bernadotte, 2014年2月20日 - )は、スウェーデンベルナドッテ王朝)の王女。ヘルシングランドおよびイェストリークランド公爵マデレーン王女とイギリス人クリストファー・オニールの第一子、長女。カール16世グスタフシルヴィア王妃の孫にあたる。

レオノール
Prinsessa Leonore av Sverige
ベルナドッテ家
Princess Leonore May 2016.jpg
母のマデレーン王女と(2016年)

全名 Leonore Lilian Maria
レオノール・リリアン・マリア
称号 ゴットランド公爵
身位 Prinsessa(王女)
敬称 なし
出生 (2014-02-20) 2014年2月20日(6歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
父親 クリストファー・オニール
母親 マデレーン・アヴ・スヴェーリエ
テンプレートを表示
スウェーデン王室
Great coat of arms of Sweden.svg

カール16世グスタフ国王
シルヴィア王妃






レオノールの紋章

概要編集

レオノールは2014年2月20日22時41分(アメリカ東部標準時)にニューヨークのワイルコーネル医療センターで誕生した[1][2]。名前は2月26日に祖父のカール16世グスタフ国王によって発表された。ミドルネームのリリアンは母のマデレーン王女のことを孫のように可愛がっていた、故ハッランド公爵夫人リリアン妃にちなんだものである[3]

同年6月8日にストックホルム宮殿の礼拝堂で洗礼式が執り行われた。

スウェーデンは法律で王女の子も王室の範囲内に入るので、レオノールも王女プリンセス)となる。ただし2019年10月7日付けで、王女の称号や爵位は保持しながらも、「殿下」の称号を有したりや国費を受け取る王族の身分からは外れている[4]。また、父親を通じてアメリカの市民権を保持している。

2015年に弟のニコラスが、2018年に妹のアドリアンネが生まれた。

両親は生活の拠点をニューヨークにおいていたが、2017年にスウェーデンに戻ってきている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Princess Madeleine and Mr Christopher O’Neill have had a daughter”. Kungahuset.se. 2018年1月23日閲覧。
  2. ^ Reuters in Stockholm. “Sweden's Princess Madeleine gives birth to daughter | World news”. Theguardian.com. 2014年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月23日閲覧。
  3. ^ Därför blev det Leonore Lilian Maria | Nyheter | Aftonbladet”. Aftonbladet.se (2014年2月26日). 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ CNN.co.jp : スウェーデン王室、国王の孫5人を王族から除外”. CNN.co.jp. 2019年12月17日閲覧。
上位:
マデレーン王女
ヘルシングランドおよびイェストリークランド公爵
スウェーデン王位継承権者
継承順位第 8
下位:
ニコラス王子
オンゲルマンランド公爵
上位:
オスカル王子
スコーネ公爵
イギリス王位継承順位
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
ニコラス王子
オンゲルマンランド公爵