レオポルダ線 (ferrovia Leopolda) は、19世紀の1840年代に作られた、フィレンツェピサリヴォルノといったトスカーナ州の町を繋ぐ路線である。

レオポルダ線
Ferrovia Leopolda.png
基本情報
イタリアの旗 イタリア
起点 フィレンツェ・サンタ・マリーア・ノヴェッラ駅
終点 リヴォルノ中央駅
開業 1848年6月4日
運営者 フェッロヴィーエ・デッロ・スタート
路線諸元
路線距離 101 km
線路数 1,435 mm
電化方式 直流3000V
テンプレートを表示

路線距離、駅と停車場編集

  0.00 フィレンツェ・サンタ・マリーア・ノヴェッラ
  プラート行き路線ボローニャ行き路線ファエンツァ行き路線ローマ行き路線
  3.00 フィレンツェ・リフレディ
  8.00 フィレンツェ・カシーネ
  フィレンツェ行き路線
  12.00 サン・ドンニーノ=バディーア
  17.00 シーニャ
  20.00 カルミニャーノ
  28.00 モンテルーポ=カプラーイア
  34.00 エンポリ
  シエーナ行き路線
  44.00 サン・ミナート=フチェッキオ
  50.00 サン・ロマーノ=モントーポリ=サンタ・クローチェ
  57.00 ラ・ロッタ
  62.00 ポンテデーラ=カシーナ・テルメ
  69.00 カシーナ
  71.00 サン・フレディアーノ・ア・セッティモ
  74.00 ナヴァッキオ
  
   コッレサルヴェッティ行き路線
  
   81.00 ピサ中央
   ジェノヴァ行き路線/ピサ空港行き路線
  
  91.00 トンボロ
  コッレサルヴェッティ行き路線
  99.00 リヴォルノ・カランブローネ
  リヴォルノ・マリッティマ行き路線
  101.00 リヴォルノ中央
  ローマ行き路線