レオポルト5世 (オーストリア公)

レオポルト5世Leopold V., 1157年 - 1194年12月31日)は、バーベンベルク家の第2代オーストリア公(在位:1177年 - 1194年)。有徳公(der Tugendhafte)と呼ばれた。ハインリヒ2世と妃テオドラ・コムネナの子。

レオポルト5世
Leopold V.
オーストリア公
Herzog Leopold V. Babenberg.jpg
在位 1177年 - 1194年

出生 1157年
死去 1194年12月31日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Styria Flag until 1960.svg シュタイアーマルク公領、グラーツ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Austria.svg オーストリア公国ハイリゲンクロイツ修道院
配偶者 イロナ・フォン・ウンガルン
子女 フリードリヒ1世
レオポルト6世
アグネス
家名 バーベンベルク家
父親 オーストリア公ハインリヒ2世
母親 テオドラ・コムネナ
テンプレートを表示
有徳公レオポルト5世

生涯編集

第3回十字軍に参加し、そのときに自身の功績を示すために自分の軍旗を掲げたが、その軍旗をイングランドリチャード1世に引き摺り下ろされたため、リチャード1世に対して恨みを抱くようになった[1]

この十字軍参加の折、敵の返り血を浴びて全身赤く染まったが、ベルトの部分だけは白く残ったという伝説が、上から赤・白・赤のオーストリアの国旗のデザインになったと言われているが、実際にこのデザインが紋章として用いられるようになったのは、レオポルト5世の孫フリードリヒ2世からである[1]

この経緯から、第3回十字軍が終わった後にイングランド本国に帰還しようとしていたリチャード1世を逮捕し、その身柄を神聖ローマ皇帝であったハインリヒ6世に引き渡した。そして、莫大な身代金を受け取ることでリチャード1世を釈放している[2]

しかしサラーフッディーン(サラディン)と並び「獅子心王」とまで称される英雄リチャード1世[3]を逮捕したことは、ローマ教皇ケレスティヌス3世の怒りを買うことになり、レオポルト5世は破門されてしまった[2]。そして1194年、落馬事故が原因であっけなく死去した。

遺体はハイリゲンクロイツ修道院の集会室に埋葬されている[4]。1188年に彼がこの修道院にもたらした聖十字架は現存しており、1982年に専用のチャペルに安置されて以来一般にも公開されている[5]

子女編集

1172年ハンガリーゲーザ2世の娘イロナと結婚、3人の子を儲けた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ツェルナー、p. 100
  2. ^ a b ツェルナー、p. 102
  3. ^ 中世ドイツの詩人が君主に求めた徳は、勇敢さと気前良さ(物惜しみをしないこと)であるが、ドイツ中世盛期の詩人ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデは、1198年9月8日マインツでドイツ王として戴冠したフィリップ・フォン・シュヴァーベンに向かって、王たる者は名声と尊敬をえるために「快く施しを」すべきと説き、その模範としてサラディンとリチャード獅子心王を挙げている。村尾喜夫訳注『ワルターの歌』(Die Sprüche und der Leich Walthers von der Vogelweide )三修社、1969年8月、16-19頁。
  4. ^ ハイリゲンクロイツ修道院はウィーンの森の神秘なる中心”. ハイリゲンクロイツ修道院. 2014年1月7日閲覧。
  5. ^ What is the Cistercian Abbey Stift Heiligenkreuz?”. ハイリゲンクロイツ修道院. 2014年2月1日閲覧。
  6. ^ Johann Christoph Allmayer-Beck: Das Heeresgeschichtliche Museum Wien. Das Museum und seine Repräsentationsräume. Kiesel Verlag, Salzburg 1981, ISBN 3-7023-0113-5, p. 29.

参考文献編集

  • エーリヒ・ツェルナー 『オーストリア史』 彩流社、2000年
先代:
ハインリヒ2世
オーストリア公
1177年 - 1194年
次代:
フリードリヒ1世
先代:
オットカール4世
シュタイアーマルク公
1192年 - 1194年
次代:
レオポルト6世