メインメニューを開く

レオミトレス(希:Ρεομίθρης、ラテン文字転記:Rheomithres、? - 紀元前333年)は、アケメネス朝ペルシアの将軍である。

紀元前334年マケドニア王アレクサンドロス3世小アジアに侵攻してきた時、レオミトレスは小アジアの他の将軍ならびに太守たちと共にグラニコス川の戦いでそれを迎え撃った[1]。しかしペルシア軍は敗北し、多くの指揮官が戦死する中レオミトレスは命からがら逃げ延びた[2]。その後彼はイッソスの戦い(紀元前333年)に参加し、戦死した[3][4][5]。ちなみに、この戦いではグラニコス川で共に戦ったペルシアの指揮官であったアルサメスが戦死している。また、レオミトレスにはプラサオルテスという子がおり、紀元前330年ペルシア門の戦いの後、プラサオルテスはアレクサンドロスによってペルシス太守に任じられた[6]

編集

  1. ^ ディオドロス, XVII. 19
  2. ^ アッリアノス, I. 12
  3. ^ ibid, II. 11
  4. ^ クルティウス, III. 11. 12
  5. ^ ディオドロス, XVII. 34
  6. ^ アッリアノス, III. 18

参考文献編集