レオン・ユリスLeon Marcus Uris, 1924年8月3日 - 2003年6月21日)は、アメリカのユダヤ系作家脚本家メリーランド州ボルチモア出身。

ユダヤ人の問題を扱った作品に優れたものが多い。脚本家としての代表作は『OK牧場の決斗』『怒りの丘』がある。

執筆した小説にも、映画化、もしくはテレビの長時間ドラマ化されて話題になったものが多い。彼の作品は人道的でヒューマニズムにあふれる作品が多い。代表作の『栄光への脱出』は第二次世界大戦の後のイスラエル建国を扱ったものである。その原作小説の一節が名誉毀損にあたるとしたポーランド人医師との裁判が1964年イギリスで行われた(デーリング対ユリス事件)。

作品の一覧編集