レオ・ペンLeo Penn, 1921年8月27日 - 1998年9月5日)は、アメリカ合衆国俳優映画監督

レオ・ペン
Leo Penn
本名 Leo Z. Penn
生年月日 (1921-08-27) 1921年8月27日
没年月日 (1998-09-05) 1998年9月5日(77歳没)
出生地 マサチューセッツ州ローレンス
死没地 カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
映画監督
活動期間 1946年 - 1995年
著名な家族 ショーン・ペン(息子)
クリス・ペン(息子)

目次

来歴編集

1921年マサチューセッツ州ローレンスに生まれる。ロシアから渡ってきたユダヤ系の家系だった[1]第二次世界大戦時にはアメリカ空軍へ従軍し、B-24の爆撃班としてイギリスに駐留した[2]俳優としては、1946年に『我等の生涯の最良の年』で映画デビュー。同作は自身も出兵した第二次世界大戦から復員した兵士が、終戦後に市民生活に復帰するも、様々な苦悩に直面する社会問題を描いた作品だった。その後、1950年代から60年代後半にかけてコンスタントに映画やテレビドラマなどの作品へ出演し、役者としての地位を確立した。

俳優のみならず、映画監督ディレクターなどの才能も開花させ、エフレム・ジンバリスト・ジュニア主演のテレビドラマシリーズ『サンセット77』内のワンエピソード『ボーナス・ベイビー』の回で監督デビュー。その後も『スター・トレック』や『宇宙家族ロビンソン』など様々なテレビドラマシリーズの監督を務める。ピーター・フォーク主演の人気ドラマ『刑事コロンボ』へも監督として2エピソード参加した。役者と監督の両方で成功し、晩年まで精力的に活動を続けている。

私生活編集

二度の結婚歴があり、1958年女優として活動していたアイリーン・ライアンと二度目の結婚[1]。二人の間の息子たちはそれぞれ俳優ショーン・ペンクリス・ペンミュージシャンのマイケル・ペンとして知られている。

死去編集

1998年肺がんのためカリフォルニア州サンタモニカで死去[1]。77歳だった。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

監督作品編集

映画編集

  • アダムのブルース/天才トランペッターの愛と挫折 A Man Called Adam (1966)
  • Murder in Music City (1979) ※テレビ映画
  • The Thirteenth Day: The Story of Esther (1979) ※テレビ映画
  • ジャッジメント・イン・ベルリン Judgment in Berlin (1988)

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c Leo Penn Biography”. 2016年3月5日閲覧。
  2. ^ Famous B-24/PB4Y Crew Members”. 2016年3月5日閲覧。

外部リンク編集