メインメニューを開く

レクリエーショナル・ビークル

レクリエーショナル・ビークルアメリカ英語: Recreational Vehicle)は、自動車のカテゴライズの一つ。

海外におけるRV編集

 
海外におけるRVの例

英語の原義としては、日本語で「キャンピングカー」と呼ばれる自動車に相当する。 →「キャンピングカー

欧米では人や物を運ぶためでは無く、住むための車は馬車の時代からある伝統的なもので、特に北米開拓において重要な役割を果たした。

日本におけるRV編集

 
日本におけるRVの例

早くから公共交通機関が発達した日本では、自動車の中で中長期間に渡って寝泊りしてドライブするオートキャンプ習慣が定着していなかったことや法規制の問題からキャンピングカーの需要は欧米に比べて少ない。そのため「RV」は、1980年代以降のレジャー向け車種の流行とともに、レジャー、レクリエーション用途向けの車全般(SUVミニバントールワゴンなど)を広く指す用語として用いられるようになった[1]。最初のうちは「クロカン」のようなSUVに対して用いられていたが[2]、商業的・文化的な事情もあり、幅広く捉えるようになった[3]。1990年代のRVブームは凄まじく、一般的な乗用車にグリルガードルーフレール、背面スペアタイヤ(あるいはスペアタイヤカバー風収納ボックス)などを取り付けてRVを名乗る車種が多く登場するなど[4]、RVの指す範囲は販売戦略と共に拡大されていった。

従来人気であったセダンクーペを凌ぐカテゴリに成長した現在はRVの細分化が進んだ。例えばMPVトールワゴンは「ミニバン」が一般的となり、「SUV」という用語も自動車メーカーCMマスメディアで一般的になっており、日本的な意味でのRVは死語と化した。ただし現在も「多目的レジャー車」、つまりSUVを指す単語としてメディアで時々見ることができる[5][6]

なお北米では正式なカテゴライズではないが、サッカー・マムズ・ビークル(Soccer Mom's Vehicle、サッカーの練習や試合に参加する息子を送り迎えする母親が乗る車という意味=ミニバン)という言葉が日本でいうRVに相当する[7]

脚注編集

  1. ^ 【池原照雄の単眼複眼】新車統計…RVはもういいでしょう 2013年7月17日
  2. ^ クロスオーバーSUVの先駆けとされるトヨタ・RAV4のRAVはRecreational Active Vehicleの略である。
  3. ^ 一例として、かねて「フルライン・○○」(○○には4WDターボDOHCなどが入る)を標榜していた三菱自動車は「フルライン・RV」のキャッチコピーを用いていた。この「RV」に、ランサーワゴン / リベロギャランスポーツスターワゴン / スペースギアパジェロなどの様々な車種を含んでキャッチコピーを根付かせようと目論んだ。
  4. ^ 一例としてはトヨタ・スターレットRemix日産・ルキノS-RV三菱・ギャランスポーツスバル・インプレッサスポーツワゴングラベルEXダイハツ・ミラRV-4などが挙げられる。
  5. ^ 県内新車販売9月6.1%増 2カ月連続、RVがけん引
  6. ^ 大辞泉では2018年現在、「レクリエーション用自動車。米国ではSUV(sports utility vehicle)という言い方が一般的」と記されている。
  7. ^ Top 10 Coolest Vehicles for Soccer Moms (and Dads)

関連項目編集