レコーディング芸術科学ラテン・アカデミー・パーソン・オブ・ザ・イヤー

年に一度、 ラテン・グラミー賞を発表するのと同じ団体である レコーディング芸術科学ラテン・アカデミー がラテン音楽産業において傑出した実績をあげたミュージシャン 及び慈善活動

レコーディング芸術科学ラテン・アカデミー・パーソン・オブ・ザ・イヤー(レコーディングげいじゅつかがくラテン・アカデミー・パーソン・オブ・ザ・イヤー、Latin Recording Academy Person of the Year)は、年に一度、ラテン・グラミー賞を発表するのと同じ団体であるレコーディング芸術科学ラテン・アカデミーラテン音楽産業において傑出した実績をあげたミュージシャンおよび慈善活動での多大な芸術的献身を成し遂げたミュージシャンを賞賛するために贈呈する賞である。

レコーディング芸術科学ラテン・アカデミー・パーソン・オブ・ザ・イヤー
Latin Recording Academy Person of the Year
受賞対象ラテン音楽産業において傑出した実績をあげたもの及び慈善活動での多大な芸術的献身を成し遂げたもの
主催レコーディング芸術科学ラテン・アカデミー
Latin Academy of Recording Arts & Sciences
初回2000年
最新回2020年
公式サイトhttp://www.latingrammy.com/

ちなみに、ここで言う、ラテン音楽とは、ラテンアメリカ圏を意味するのではなく、世界中のスペイン語圏およびポルトガル語圏のコミュニティでの音楽を意味し、ラテンアメリカ、スペインポルトガル、そしてアメリカ合衆国も含む文化圏での音楽を指し、更にはラテンアメリカ圏出身でフランスドイツ等に亡命他の理由で移民移住したような人々のコミュニティおよび、そのようなフランス等を拠点に活動するスペイン語圏のアーティストも存在するので、ラテンアメリカまたはイベロアメリカと呼ばれる地域よりも更に広範囲な地域での音楽ということになる。

受賞者は、毎年恒例のラテン・グラミー賞受賞式典に先立ち、様々な祝祭的特別行事が開催される「ラテン・グラミー週間(Latin Grammy Week)」の期間中に賞を授与される。

同賞の初の受賞者は、キューバ系アメリカ人ミュージシャンで音楽プロデューサーのエミリオ・エステファン(Emilio Estefan)で、ラテン音楽に対する世間一般の人々の認知度を高めることに貢献した、という理由で2000年に授与された。[1]

ちなみに、その8年後の2008年、彼の妻で、日本でも「グロリア・エステファン&ザ・マイアミ・サウンド・シーン」として知名度の高い歌手であるグロリア・エステファンが同賞の初の女性受賞者となった。[2]

グロリア・エステファンは、それ以前の1994年にもグラミー賞を発表する団体ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンスによる同賞と類似の賞ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤーの受賞歴がある。[3]

2000年以来続く同賞の受賞者は、多民族多言語文化なラテン・カルチャーを反映し、受賞者の国籍が多岐に渡るだけでなく、2〜4つ等複数の国籍を持ち幅広く世界で活躍するミュージシャンも多く含まれているのが1つの特徴である。

受賞者編集

受賞年[I] 受賞者写真 受賞者名 生没年 国籍 出典
2000   エステファン, エミリオエミリオ・エステファン
Emilio Estefan
b. 1953   キューバ
  アメリカ合衆国
[1]
[4]
2001   イグレシアス, フリオフリオ・イグレシアス b. 1943   スペイン [5]
[6]
2002   フェルナンデス, ビセンテビセンテ・フェルナンデス
Vicente Fernández
b. 1940   メキシコ [7]
2003   ジル, ジルベルトジルベルト・ジル b. 1942   ブラジル [8]
[9]
2004   サンタナ, カルロスカルロス・サンタナ b. 1947   メキシコ
  アメリカ合衆国
[10]
[11]
2005   ホセ, ホセホセ・ホセ
José José
1948-2019   メキシコ [12]
[13]
2006   マーティン, リッキーリッキー・マーティン b. 1971   プエルトリコ
  アメリカ合衆国
[14]
[15]
2007   ゲラ, フアン・ルイスフアン・ルイス・ゲラ b. 1957   ドミニカ共和国 [16]
[17]
[18]
2008   エステファン, グロリアグロリア・エステファン b. 1957   キューバ
  アメリカ合衆国
[2]
[4]
2009   ガブリエル, フアンフアン・ガブリエル
Juan Gabriel
1950-2016   メキシコ [19]
2010   ドミンゴ, プラシドプラシド・ドミンゴ b. 1941   スペイン [20]
[21]
2011   シャキーラ b. 1977   コロンビア [22]
2012   ヴェローゾ, カエターノカエターノ・ヴェローゾ b. 1942   ブラジル [23]
2013   ボセ, ミゲルミゲル・ボセ b. 1956   スペイン
  イタリア
  コロンビア
  パナマ
[24]
2014   セラート, ホアン・マヌエルホアン・マヌエル・セラート
Joan Manuel Serrat
b. 1943   スペイン [25]
2015   カルロス, ロベルトロベルト・カルロス
Roberto Carlos
b. 1941   ブラジル [26]
2016   アンソニー, マークマーク・アンソニー b. 1968   アメリカ合衆国 [27]
2017   サンス, アレハンドロアレハンドロ・サンス b. 1968   スペイン [28]
2018   マナー
フェル・オルベラ(Fher Olvera
アレックス・ゴンサレス(Alex González
セルヒオ・バジン(Sergio Vallín
フアン・カジェロス(Juan Calleros
1986–present
b. 1959
b. 1969
b. 1972
b. 1962
  メキシコ
  アメリカ合衆国
[29]
2019   フアネス b. 1972   コロンビア [30]
2020 [31]

^[I] 各年の年数は、その年のラテン・グラミー賞の記事ページにリンクしている。日本語記事ページあるものはそのページに、ないものは英語版記事ページに。

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b “Emilio Estefan honored as pioneer producer”. CNN. (2000年9月18日). http://edition.cnn.com/2000/SHOWBIZ/Music/09/18/wb.emilio/index.html?_s=PM:SHOWBIZ 2014年11月25日閲覧。 
  2. ^ a b “Juanes scoops five Latin Grammys”. BBC News. (2008年11月14日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7729074.stm 2014年11月25日閲覧。 
  3. ^ Rule, Sheila (1994年3月1日). “The Pop Life; Stars Count Down To Grammy Night”. The New York Times. The New York Times Company. 2014年11月25日閲覧。
  4. ^ a b Laufenberg, Norbert B. (2005). Entertainment Celebrities. Trafford Publishing. p. 209. http://books.google.com/books?id=mzTW9Nitee4C&pg=PA209&lpg=PA209&dq#v=onepage&q&f=false 2011年2月7日閲覧。  Note: Source used to cite birth years for Emilio and Gloria Estefan.
  5. ^ Susman, Gary (2001年5月7日). “Model Patient”. Entertainment Weekly. 2010年11月8日閲覧。
  6. ^ Laufenberg, Norbert B. (2005). Entertainment Celebrities. Trafford Publishing. p. 320. http://books.google.com/books?id=mzTW9Nitee4C&pg=PA320&lpg=PA320&dq#v=onepage&q&f=false 2011年2月7日閲覧。  Note: Source used to cite birth year.
  7. ^ Vicente Fernández biography”. billboard.com (2005年). 2014年11月25日閲覧。
  8. ^ Petrozzello, Donna (2003年8月31日). “Grammys en Español”. Daily News (New York City, New York: Mortimer Zuckerman). http://www.nydailynews.com/archives/entertainment/2003/08/31/2003-08-31_grammys_en_espa_ol.html 2010年11月8日閲覧。 
  9. ^ St. Louis, Regis (2006). Lonely Planet Rio de Janeiro. Lonely Planet. p. 36. http://books.google.com/books?id=ov5tF3axLwwC&pg=PA36&lpg=PA36&dq#v=onepage&q&f=false 2011年2月7日閲覧。  Note: Source used to cite birth year.
  10. ^ “Latin honours for Carlos Santana”. BBC News. (2004年5月25日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/3745485.stm 2014年11月25日閲覧。 
  11. ^ Bogdanov, Vladimir; Woodstra, Chris; Erlewine, Stephen Thomas (2003). All music guide to the blues: the definitive guide to the blues. Hal Leonard Corporation. p. 491. http://books.google.com/books?id=qYtz7kEHegEC&pg=PA491&lpg=PA491&dq#v=onepage&q&f=false 2014年11月25日閲覧。  Note: Source used to cite birth year.
  12. ^ “Latin Grammys to air in Spanish”. Dominican Today (Santo Domingo, Dominican Republic). (2005年11月3日). http://www.dominicantoday.com/dr/people/2005/11/3/6701/Latin-Grammys-to-air-in-Spanish 2014年11月25日閲覧。 
  13. ^ Burr, Ramiro (November 29, 2003). “José José: Mexico's Prince of Song”. Billboard 115 (48): 27. http://books.google.com/books?id=Rg8EAAAAMBAJ&pg=PA27&lpg=PA27&dq#v=onepage&q&f=false 2011年2月7日閲覧。.  Note: Source used to cite birth year.
  14. ^ “Martin to get person of the year award”. USA Today (ガネット社). (2006年8月17日). http://usatoday30.usatoday.com/life/people/2006-08-17-ricky-martin_x.htm 2014年11月25日閲覧。 
  15. ^ Ricky Martin”. Allmusic. 2011年2月7日閲覧。 Note: Source used to cite birth year.
  16. ^ Moreno, Jose (2007年11月8日). “Juan Luis Guerra honored as Person of the Year”. Daily News (New York City, New York: Mortimer Zuckerman). http://www.nydailynews.com/latino/juan-luis-guerra-honored-person-year-article-1.257162 2014年11月25日閲覧。 
  17. ^ Veiga, Alex (2007年11月8日). “Guerra wins 5 trophies at Latin Grammys”. USA Today (ガネット社). http://usatoday30.usatoday.com/life/music/news/2007-11-08-latin-grammys_N.htm 2014年11月25日閲覧。 
  18. ^ Juan Luis Guerra”. Allmusic. 2011年2月7日閲覧。 Note: Source used to cite birth year.
  19. ^ Roberts, Randall (2010年7月16日). “Juan Gabriel”. Los Angeles Times (Tribune Company). http://projects.latimes.com/hollywood/star-walk/juan-gabriel/ 2011年2月7日閲覧。  Note: Source used to cite birth year.
  20. ^ “Placido Domingo to be Honored as the 2010 Latin Recording Academy Person of the Year” (プレスリリース), Latin Academy of Recording Arts & Sciences, (2010年9月14日), http://www.prnewswire.com/news-releases/placido-domingo-to-be-honored-as-the-2010-latin-recording-academy-person-of-the-year-102846119.html 2014年11月25日閲覧。 
  21. ^ Plácido Domingo”. Allmusic. 2011年2月7日閲覧。 Note: Source used to cite birth year.
  22. ^ http://www.grammy.com/news/shakira-named-latin-recording-academy-person-of-the-year
  23. ^ http://www.grammy.com/news/caetano-veloso-named-latin-recording-academy-person-of-the-year
  24. ^ http://www.grammy.com/news/miguel-bos-named-2013-latin-recording-academy-person-of-the-year
  25. ^ http://www.billboard.com/articles/columns/latin-notas/6244076/joan-manuel-serrat-to-be-honored-as-latin-grammy-person-of-the
  26. ^ Roberto Carlos honored as the 2015 Latin Recording Academy Person of the Year”. Latin Grammys (2015年11月19日). 2019年8月22日閲覧。
  27. ^ Marc Anthony named 2016 Latin Recording Academy® Person of the Year”. Latin Grammys (2016年7月20日). 2019年8月22日閲覧。
  28. ^ Alejandro Sanz Named Latin Person Of The Year”. Grammy (2017年6月19日). 2019年8月22日閲覧。
  29. ^ It's All About the Music at 2018 Latin Grammys Person of the Year Maná Tribute”. Billboard (2019年11月15日). 2019年8月22日閲覧。
  30. ^ “Juanes Named Latin Recording Academy Person of the Year”. Variety. (2019年6月13日). https://variety.com/2019/music/news/juanes-latin-recording-academy-person-of-the-year-1203241958/ 2019年8月22日閲覧。 
  31. ^ Latin Recording Academy (2020). 21.a Entrega Anual del Latin GRAMMY. Latin Recording Academy. p. 59. https://www.nxtbook.com/nxtbooks/latingrammy/21stprogrambook2020/index.php#/p/58 2020年12月4日閲覧. "This year, however, those activities were paused because of COVID-19." 

関連項目編集

外部リンク編集