レスター・エリス

オーストラリアのプロボクサー

レスター・エリスLester Ellis、男性、1965年3月15日 - )は、オーストラリアプロボクサーイギリスブラックプール出身メルボルン育ち。第2代IBF世界スーパーフェザー級王者。オーストラリアでは息の長いプロ活動をしていて無敗で世界王座に辿り着いた。息子のレスター・エリス・ジュニアは俳優。

レスター・エリス
基本情報
本名 レスター・エリス
階級 スーパーフェザー級
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 (1965-03-15) 1965年3月15日(55歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドブラックプール(育ちはメルボルン)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 59
勝ち 48
KO勝ち 15
敗け 8
引き分け 3
無効試合 0
テンプレートを表示

来歴編集

1983年4月24日、エリスは19歳でプロデビューを果たし3KO勝ちで白星でデビューを飾った。


1984年11月16日、17戦無敗のコモンウェルスイギリス連邦スーパーフェザー級王者ジョン・シチューラと対戦し12回2-1の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1985年2月15日、メルボルンのフェスティバル・ホールで世界初挑戦をIBF世界スーパーフェザー級王者柳煥吉と対戦し15回2-1の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1985年4月26日、メルボルンのフェスティバル・ホールでロッド・セクエナンと対戦し13回3分7秒KO勝ちで初防衛に成功した。

1985年7月12日、フェスティバル・ホールでバリー・マイケルと対戦し15回0-3の判定負けで2度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

1987年4月30日、オーストラリアライト級王者デーレ・アルタンゴと対戦し6回KO勝ちで王座獲得に成功した。

1988年3月16日、ブリスベンのフェスティバル・ホールでオーストラリアスーパーライト級王者パット・レグリスと対戦し5回TKO勝ちで王座獲得に成功した。

1988年8月4日、コモンウェルスイギリス連邦スーパーライト級王者トニー・レイグと対戦し12回3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1988年10月13日、ロベルト・ハーキンと対戦し4回TKO勝ちで初防衛に成功した。

1989年3月21日、スティーブ・ラリモアと対戦し自身初のKO負けとなる11回逆転TKO負けで2度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

1991年6月19日、オーストラリアウェルター級王者アッティラ・フォーガスと対戦し12回1-2の判定負けで王座獲得に失敗した。

1993年2月19日、WBF世界ウェルター級王座決定戦をロッキー・ベルと対戦し2回40秒KO勝ちで王座獲得に成功した。

1994年12月3日、IBO世界スーパーライト級王座決定戦をアル・コクイーラと対戦し初回KO勝ちで王座獲得に成功した。

1995年3月10日、IBO世界ライト級王者アマンド・カバトと対戦し12回3-0の判定勝ちでIBO2階級制覇に成功した。

1995年7月17日、エリック・アレクサンダーとIBO世界スーパーウェルター級王座決定戦を行い12回3-0の判定勝ちでIBO3階級制覇に成功した。

1996年4月29日、 後のIBF世界フェザー級王者カルビン・グローブと対戦し4回2分24秒TKO負け。

2002年7月15日、6年3か月振りの復帰戦を後のWBA世界ミドル級王者アンソニー・ムンディンと対戦し3回2分4秒TKO負けを最後に現役を引退した。

獲得タイトル編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
柳煥吉
IBF世界スーパーフェザー級王者

1985年2月15日 - 1985年7月12日

次王者
バリー・マイケル