レッドスター・ベオグラード

レッドスター・ベオグラード英語: Red Star Belgrade)は、セルビアの首都ベオグラードを本拠地とするサッカークラブである。正式名称はフドバルスキ・クルブ・ツルヴェナ・ズヴェズダセルビア語: Фудбалски клуб Црвена звезда, セルビア語発音: [fûdbalskiː klûːb tsř̩ʋenaː zʋěːzda], セルビア・クロアチア語: Fudbalski klub Crvena zvezda)。総合スポーツクラブ、SDツルヴェナ・ズヴェズダの一部でもある(バスケットボール部門はKKツルヴェナ・ズヴェズダ)。

FKツルヴェナ・ズヴェズダ
Grb-fk-crvena-zvezda.svg
原語表記 Фудбалски клуб Црвена звезда
Fudbalski klub Crvena zvezda
愛称 Црвено-бели / Crveno-beli (赤と白)
クラブカラー 赤・白
創設年 1945年
所属リーグ セルビア・スーペルリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ベオグラード
ホームスタジアム スタディオン・ライコ・ミティッチ
収容人数 55,538[1]
代表者 セルビアの旗 スヴェトザル・ミヤイロヴィッチ
監督 セルビアの旗 デヤン・スタンコヴィッチ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ユーゴスラビア連邦時代から最も成功したセルビアのクラブであり、リーグ優勝は25回、カップ優勝は12回を数え、いずれも歴代最多である。国際大会でもUEFAチャンピオンズカップ 1990-91トヨタカップ 1991などのメジャータイトルを獲得し、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が発表した20世紀ヨーロッパにおけるクラブランキングでは、オランダフェイエノールトと並び27位にランクされた[2]旧ユーゴスラビア圏を代表するクラブである。

名称編集

「ツルヴェナ・ズヴェズダ」は「赤い星」という意味で各国の言語によって多くの名称を持つ。

  • Црвена звезда(ツルヴェナ・ズヴェズダ、セルビア語
  • Red Star(レッド・スター、英語
  • Étoile rouge(エトワール・ルージュ、フランス語
  • Roter Stern(ロター・シュテルン、ドイツ語
  • Ερυθρός Αστέρας(エリスロス・アステラス、ギリシャ語
  • Stella Rossa(ステッラ・ロッサ、イタリア語
  • Rode Ster(ロデ・ステル、オランダ語
  • Estrela Vermelha(エストレラ・ヴェルメーリャ、ポルトガル語
  • Красная звезда(クラスナヤ・ズヴェズダ、ロシア語
  • Estrella Roja(エストレージャ・ロハ、スペイン語
  • Kızıl yıldız(クズル・ユルドゥズ、トルコ語

日本では英語表記の「レッドスター・ベオグラード」が使用されてきたが近年はセルビア語表記の「ツルヴェナ・ズヴェズダ」も多く見られる(3文字略称はセルビア国内でCZV、UEFA大会でZVE)。

歴史編集

1945年 - 1965年編集

第二次世界大戦中の1945年3月4日、レッドスターは反ファシズムを標榜する若者たちの集団による[3]内務省[4]の総合文化クラブとして設立された[3]。クラブはキャプテンとしてBSKで活躍していた「チカ」ことライコ・ミティッチを迎え入れ[5]、終戦後の1946年からユーゴスラビアリーグに参加する[3]

1948年から1950年まで3年連続でユーゴスラビアカップを優勝した[6]クラブのリーグ初優勝は1951シーズンであった[7]1955年には前年王者ハイデュク・スプリトの中心選手だったヴラディミル・ベアラドラゴスラヴ・シェクララツなどを獲得[3]。後に「第1の星人」となるミティッチと「第2の星人」となる「シェキ」ことシェクララツを筆頭に多くの代表選手が顔を揃えたクラブはこのシーズンからリーグ4連覇を達成するなど国内では無類の強さを見せ、1950年代は6回のリーグ優勝[7]と2回のカップ優勝を記録した[6]

欧州の舞台に初めて姿を見せたのは、1956-57シーズンのチャンピオンズカップ(UEFAチャンピオンズリーグの前身大会)であった[8]。この大会ではオランダのラピッドJCブルガリアCDNAソフィアを破り準決勝まで勝ち進むが、準決勝では得点を奪えないままイタリアフィオレンティーナに敗れた[9]。2年後の1958-59シーズンはルクセンブルクスタッド・デュドランジュを相手に当時の最多得点記録となる2試合計14対1の大差で勝利するものの[8]、準々決勝でイングランドマンチェスター・ユナイテッドに敗れた[10]

1960年代に入ると50年代までの強さは影を潜め、3シーズン連続で無冠に終わる[7]。1962-63シーズンはクラブ史上最低順位となる7位に低迷し、得点数は降格争いをしていたヴォイヴォディナ・ノヴィサドの半数以下であった[11]

1966年 - 1985年編集

 
ドラガン・ジャイッチ(右)

1966年ミリャン・ミリャニッチが監督に就任し、世代交代を推し進めた[3]。クラブの中心だったシェクララツはドイツへ去り、後に「第3の星人」の栄誉を受け、UEFAジュビリーアウォーズにて過去半世紀におけるセルビア史上最高の選手と称えられる左サイドのウィンガー、「ジャヤ」ことドラガン・ジャイッチが台頭した。就任初年度は5位に低迷するものの[11]、1967-68シーズンからリーグ3連覇を達成[7]。1970-71シーズンには再びチャンピオンズカップの準決勝まで進出したが、ギリシャパナシナイコスFCの前に4対4のタイスコアながらアウェイゴールの差で敗れた[12]。ミリャニッチは1974年、レアル・マドリードに引き抜かれるまで指揮を採り、4度のリーグ優勝[7]、3度のカップ優勝を成し遂げた[6]

ミリャニッチ辞任の翌年にジャイッチはクラブを去り、ヴラディミル・ペトロヴィッチの時代が始まった。1972年6月にデビューした[13]「ピジョン」ことペトロヴィッチは1970年代後半に入るとクラブの絶対的なエースへと成長し、1978-79シーズンのUEFAカップ(UEFAヨーロッパリーグの前身大会)では決勝でボルシア・メンヒェングラートバッハに敗れたもののクラブを準優勝に導き[14]、後に「第4の星人」として表彰された。ペトロヴィッチは1982年にクラブを去るが、以降もトミスラヴ・イヴコヴィッチボシュコミルコのジュロヴスキ兄弟などのユーゴスラビア代表選手が活躍し[3]、ミリャニッチ辞任後の10年で2強を形成していたライバル、パルチザンを上回る4回のリーグ優勝を飾った[7]

1986年 - 1991年編集

1986年、復帰したジャイッチを始めとするフロント陣は5年に渡る長期計画を立て、欧州制覇という大目標を掲げる[3]。そしてジャイッチに才能を見いだされ、「ピクシー」ことドラガン・ストイコビッチが入団したのもこの年であった[15]。1987年の夏より5ヶ年計画は始まった。

1987年のクラブが誕生した日、レッドスターはレアル・マドリードにマラカナで敗れた。この日から1992年の3月までの5年間、レッドスターは黄金時代と言える最良の時間を過ごした。ヴラディミル・ユーゴヴィッチシニシャ・ミハイロヴィチロベルト・プロシネチキデヤン・サビチェビッチなどユーゴスラビアを代表する選手が顔を揃え、国内リーグでは5シーズンで4度の優勝を飾った[7]。ストイコビッチは3年連続でMVPを獲得するなど大活躍し、1990年にクラブを去った。この5年間で監督は5人変わったが、フロント陣の顔ぶれに変わりはなかった[3]

1990年4月から5月にかけてユーゴスラビア各地で初の自由選挙が行われ、連邦を構成する各共和国で独立の機運が高まっていた[16]。5月13日、ザグレブで行われた対ディナモ・ザグレブとの試合で暴動が起こり[17]、これをきっかけにユーゴスラビア全土に戦火が広がっていくことになる(詳細は1990年ディナモ・ザグレブ対レッドスター・ベオグラード戦での暴動を参照)。

1990-91シーズンのチャンピオンズカップでは、フランスオリンピック・マルセイユをPK戦の末に破り初の欧州王者となる[18][8]。皮肉にも前年までクラブに多大な貢献をしてきた「第5の星人」ストイコビッチはマルセイユのベンチを暖めていた。試合を決めるPKを蹴ったダルコ・パンチェフはこのシーズンのヨーロッパ・ゴールデンシューを獲得した[19]。その後のUEFAスーパーカップではマンチェスター・ユナイテッドに敗れたものの、インターコンチネンタルカップでチリのコロコロを破り世界一となった。その時に掲げられた「スルビヤ・ド・トキヤ(セルビアを東京へ)」というスローガンはユーゴスラビア紛争で多用されることとなる。

1992年 - 現在編集

長引く紛争に国連による制裁など、欧州王者となったクラブを取り巻く状況は苦しいものとなっていく[8]。前回大会王者として臨んだ1991-92シーズンのチャンピオンズカップでは、ホームゲームは全て第3国での開催となり、この大会から導入されたグループステージでイタリアのサンプドリアに及ばず敗退した[20]。主だった戦力は西側諸国に流出し、ユーゴスラビアは解体された。

紛争終了後の新生ユーゴスラビアリーグでは、ダルコ・コバチェビッチデヤン・ペトコヴィッチネボイシャ・クルプニコビッチなどの新しい力がコンスタントに台頭するも、ほとんどのシーズンでパルチザンの後塵を拝する結果となった。監督は次々に更迭され、星人ペトロヴィッチまでもが1年を待たずに職を追われた[21]。紛争終了後のリーグ優勝は1999-00シーズンまで無く、1990年代を通じてリーグ優勝は2回に留まった[7]

1998年にはジャイッチが、2005年にはストイコビッチが会長に就任し、2009年には再びペトロヴィッチが監督として復帰した。2000年代に入っても国内リーグではパルチザンとの2強を形成しているが、2009年は所属選手の給与未払いが表面化するなど[22]、2500万ドルに上るとも言われる負債による財政難もあって、欧州の舞台では活躍できない日々が続いている[23]

2010年、クラブは新たなメインスポンサーとしてロシアガスプロム社と5年の契約を結んだ。契約料は年間380万ドルと報道されている[24][23]

スタジアム編集

 
「マラカナ」を上空から望む。

ホームスタジアムであるスタディオン・ツルヴェナ・ズヴェズダは1963-64シーズンから使用が開始された。3年の工期を経て建設された収容者数55,000人の巨大スタジアムは、当時のバルカン半島最大規模を誇った。スタジアムのこけら落としは1963年9月1日のNKリエカ戦で、試合はレッドスターが2対1で勝利した。翌年、スタジアムには110,000人もの観衆が押し寄せ、その光景は世界最大のスタジアム、エスタジオ・ド・マラカナンを連想させた。これ以降、スタジアムは「マラカナ」の通称で呼ばれることとなる[25]。このシーズン、レッドスターは4季ぶりにリーグ優勝を果たした[7]

現在の収容人員は55,538人で、マラカナの北西に位置するパルチザン・ベオグラードの本拠地スタディオン・パルチザーナとは直線距離にして約1キロ程しか離れていない。

サポーター編集

 
ゴール裏を埋めるサポーター。

その実績からセルビア国内では圧倒的な人気を誇り、セルビア国内の半数弱がクラブを支持しているという調査結果もある[26]。サポーターは「北の英雄」を意味するデリイェ・セヴェル(Delije sever)と呼ばれ[27]、同じくベオグラードを本拠地とするライバルであるパルチザン・ベオグラードとのヴェチティ・デルビは特に盛り上がりを見せる[28]2009年4月にはパルチザンとの試合中にサポーターが警察と衝突し、95人もの逮捕者を出した[29]

タイトル編集

国内タイトル編集

リーグ編集

  • ユーゴスラビアリーグ : 19回
    • 1950-51, 1952-53, 1955-56, 1956-57, 1958-59, 1959-60, 1963-64, 1967-68, 1968-69, 1969-70, 1972-73, 1976-77, 1979-80, 1980-81, 1983-84, 1987-88, 1989-90, 1990-91, 1991-92

カップ編集

国際タイトル編集

過去の成績編集

シーズン ディビジョン カップ 欧州カップ 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点数
1996-97 ユーゴスラビア・プルヴァ・リーガ 33 25 3 5 79 30 78 2位 優勝 カップウィナーズカップ 2回戦敗退   ゾラン・ヨビチッチ 27
1997-98 ユーゴスラビア・プルヴァ・リーガ 33 27 3 3 86 22 84 2位 準決勝敗退 カップウィナーズカップ 1回戦敗退   デヤン・スタンコビッチ 21
1998-99 ユーゴスラビア・プルヴァ・リーガ 24 15 6 3 54 18 51 3位 優勝 UEFAカップ 2回戦敗退   ゴラン・ジュリッチ
  ヨヴァン・ゴイコヴィッチ
14
1999-00 ユーゴスラビア・プルヴァ・リーガ 40 33 6 1 85 19 105 1位 優勝 UEFAカップ 1回戦敗退   マルコ・パンテリッチ 25
2000-01 ユーゴスラビア・プルヴァ・リーガ 34 28 4 2 93 20 88 1位 準優勝 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退   ゴラン・ジュリッチ
  マルコ・パンテリッチ
24
UEFAカップ 2回戦敗退
2001-02 ユーゴスラビア・プルヴァ・リーガ 34 18 12 4 54 28 66 2位 優勝 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退   マルコ・パンテリッチ 16
UEFAカップ 1回戦敗退
2002-03 セルビア・モンテネグロ・プルヴァ・リーガ 34 21 7 6 68 26 70 2位 準優勝 UEFAカップ 2回戦敗退 22
2003-04 セルビア・モンテネグロ・プルヴァ・リーガ 30 23 5 2 59 13 74 1位 優勝 UEFAカップ 2回戦敗退   ニコラ・ジギッチ 27
2004-05 セルビア・モンテネグロ・プルヴァ・リーガ 30 23 5 2 66 18 74 2位 準優勝 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退   マルコ・パンテリッチ 24
UEFAカップ 1回戦敗退
2005-06 セルビア・モンテネグロ・スーペルリーガ 30 25 3 2 73 23 78 1位 優勝 UEFAカップ グループステージ敗退   ニコラ・ジギッチ 20
2006-07 セルビア・スーペルリーガ 32 23 5 4 55 27 74 1位 優勝 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退   ドゥシャン・ジョキッチ 15
UEFAカップ 1回戦敗退
2007-08 セルビア・スーペルリーガ 33 21 12 0 65 22 75 2位 準決勝敗退 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退   ネナド・イェストロヴィッチ 16
UEFAカップ グループステージ敗退
2008-09 セルビア・スーペルリーガ 33 17 8 8 59 32 59 3位 準決勝敗退 UEFAカップ 予選2回戦敗退   ネナド・ミリヤシュ 23
2009-10 セルビア・スーペルリーガ 30 23 2 5 53 17 71 2位 優勝 ヨーロッパリーグ プレーオフ敗退   デヤン・レキッチ 17
2010-11 セルビア・スーペルリーガ 30 22 4 4 52 18 70 2位 準決勝敗退 ヨーロッパリーグ 予選3回戦敗退   アンドリヤ・カルジェロヴィッチ 20
2011-12 セルビア・スーペルリーガ 30 21 5 4 57 18 68 2位 優勝 ヨーロッパリーグ プレーオフ敗退   クリスティアン・ボルハ 14
2012-13 セルビア・スーペルリーガ 30 20 2 8 55 35 62 2位 準々決勝敗退 ヨーロッパリーグ プレーオフ敗退   オグニェン・ムドリンスキ 12
2013-14 セルビア・スーペルリーガ 30 23 3 4 66 27 72 1位 準々決勝敗退 ヨーロッパリーグ 予選3回戦敗退   ドラガン・ムルジャ 20
2014-15 セルビア・スーペルリーガ 30 19 7 4 46 20 64 2位 2回戦敗退 - -   ダルコ・ラゾヴィッチ 10
2015-16 セルビア・スーペルリーガ 37 30 5 2 97 27 54 1位 2回戦敗退 ヨーロッパリーグ 予選1回戦敗退   アレクサンダル・カタイ 23
2016-17 セルビア・スーペルリーガ 37 30 4 3 93 33 55 2位 準優勝 チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退   リッチモンド・ボアキエ 16
ヨーロッパリーグ プレーオフ敗退
2017-18 セルビア・スーペルリーガ 37 32 4 1 96 19 60 1位 準々決勝敗退 ヨーロッパリーグ ベスト32   アレクサンダル・ペシッチ 29
2018-19 セルビア・スーペルリーガ 37 33 3 1 97 20 60 1位 準優勝 チャンピオンズリーグ グループステージ敗退   エル・ファルドゥ・ベン・ナブアン 25
2019-20 セルビア・スーペルリーガ 30 25 3 2 68 18 78 1位 準決勝敗退 チャンピオンズリーグ グループステージ敗退 14
2020-21 セルビア・スーペルリーガ チャンピオンズリーグ 予選3回戦敗退
ヨーロッパリーグ ラウンド32

現所属メンバー編集

2021年2月5日現在[30][31][32]
No. Pos. 選手名
1   GK ゾラン・ポポヴィッチ( )
2   DF ミラン・ガイッチ
3   MF リチャード・オダダ
4   MF ミルコ・イヴァニッチ( )
5   DF ミロシュ・デゲネク( )
6   DF ラドヴァン・パンコヴ
7   MF アクセル・バカヨコ( )
8   MF ゲロール・カンガ
9   FW ミラン・パヴコヴ
10   MF アレクサンダル・カタイ
11   MF フィリッポ・ファルコ
16   FW ディエゴ・ファルチネッリ
19   DF ネマニャ・ミルノヴィッチ
20   MF ニェゴシュ・ペトロヴィッチ
No. Pos. 選手名
22   MF ヴェリコ・ニコリッチ
23   DF ミラン・ロディッチ
24   MF ジェリコ・ガヴリッチ( )
25   DF ストラヒニャ・エラコヴィッチ
31   FW エル・ファルドゥ・ベン・ナブアン( )
32   GK マルコ・チョピッチ
35   MF セク・サノゴ
49   MF アンドリヤ・ラドゥロヴィッチ( )
55   MF スラヴォリュブ・スルニッチ
77   DF マルコ・ゴベリッチ
82   GK ミラン・ボージャン( )  
92   FW アレクサ・ヴカノヴィッチ
99   FW ニコラ・クルストヴィッチ( )

ローン移籍編集

in
No. Pos. 選手名
16   FW ディエゴ・ファルチネッリ (  ボローニャ)
out
No. Pos. 選手名
15   DF スルジャン・バビッチ( ) (  ファマリカン)
27   GK ニコラ・ヴァシリェヴィッチ (プロレテル)
30   DF ウロシュ・ブラゴイェヴィッチ (ノヴィ・パザル)
33   DF マルコ・コナタル (ジェレズニチャル・パンチェヴォ)
36   MF エリク・イルカ (  ミランデス)
51   GK ミロシュ・ゴルディッチ (マチュヴァ)
51   GK アンドリヤ・カティッチ (IMT)
70   MF スルジャン・スピリドノヴィッチ( ) (  ゲンチレルビルリイ)
--   GK ミロシュ・チュピッチ (ズラティボル)
--   DF ニコラ・スタイッチ (  サン・フェルナンド)
No. Pos. 選手名
--   MF マルティン・ノヴァコヴィッチ (ラド)
--   MF イブラヒム・ムスタファ (ズラティボル)
--   MF ヴカン・ジョルジェヴィッチ (ラドニチュキ・ピロト)
--   MF イリヤ・ストヤンチッチ (ロズニツァ)
--   MF マテヤ・ストヤノヴィッチ (OFKジャルコヴォ)
--   MF アレクサンダル・イリッチ (ドゥボチツァ)
--   MF ペタル・ピプリツァ (シンジェリッチ)
--   MF ヴラディミル・ルチッチ (IMT)
--   FW ルカ・マルコヴィッチ (マチュヴァ)
--   FW ヴァニャ・パニッチ (マチュヴァ)

歴代監督編集

歴代所属選手編集

永久欠番編集

星人編集

クラブでは大きな功績を残した功労者に対して、「ズヴェズディナ・ズヴェズダ(Zvezdina zvezda)」という称号を授けている。日本語では「星人」と訳される。現在までの受賞者は以下の通り。

1991世代編集

UEFAチャンピオンズカップ 1990-91
決勝のスターティングメンバー

上記の5人の他にUEFAチャンピオンズカップ 1990-91優勝を果たしたチームが第6の星(Šesta Zvezdina zvezda)として表彰されている[33]ルーマニア国籍のミオドラグ・ベロデディッチを除いて全員がユーゴスラビア国内出身の選手だった[注 1]。背番号はUEFAチャンピオンズカップ 1990-91決勝のもの。

監督
GK
DF
MF
FW

国内リーグ得点王編集

 
ジギッチはセルビア最優秀選手も同時に受賞した。
The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundationの記録による[34]

ユーゴスラビア・プルヴァ・リーガ

セルビア・モンテネグロ・プルヴァ・リーガ

セルビア・スーペルリーガ

出典・脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ベロデディッチの両親は共にセルビア人であり、自身は1988年にユーゴスラビアへ亡命している。
  2. ^ ヨーロッパ・ゴールデンシューも受賞。
  3. ^ シーズン途中にジェレズニクから加入(ジェレズニクで13得点、レッドスターで14得点)。

出典編集

  1. ^ Stadion Rajko Mitić (Marakana)”. 2015年6月25日閲覧。
  2. ^ Europe's Club of the Century - IFFHS(2010年6月11日閲覧)
  3. ^ a b c d e f g h istorija - crvenazvezdafk.com(2010年6月11日閲覧)
  4. ^ 柴宜弘/編、宇都宮徹壱/著『バルカンを知るための65章』明石書店、2005年、p.322。ISBN 978-4750320908
  5. ^ Reprezentativci Jugoslavije : Rajko Mitiæ - reprezentacija.rs(2010年6月11日閲覧)
  6. ^ a b c Yugoslavia/Serbia and Montenegro - Cup Finals - RSSSF 2010年8月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i Yugoslavia/Serbia (and Montenegro) - List of Champions - RSSSF
  8. ^ a b c d European Star - crvenazvezdafk.com(2010年6月11日閲覧)
  9. ^ Champions' Cup 1956-57 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。
  10. ^ Champions' Cup 1958-59 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。
  11. ^ a b Yugoslavia - List of Final Tables - RSSSF
  12. ^ Champions' Cup 1970-71 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。
  13. ^ Vladimir Petrović novi trener Crvene zvezde - crvenazvezdafk.com(2010年8月30日閲覧)
  14. ^ UEFA cup 1978-79 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。
  15. ^ Pixy's AtoZ - スポーツナビ(2010年6月11日閲覧)
  16. ^ ジョセフ・ロスチャイルド(羽場久美子、水谷驍・訳)『現代東欧史 多様性への回帰』共同通信社、1999年、p.390。ISBN 4-7641-0439-3
  17. ^ 3・27欧州選手権予選で会おう、わがクロアチアとユーゴのたたかい” (日本語). 千田善. 2010年6月15日閲覧。
  18. ^ Champions' Cup 1990-91 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。
  19. ^ Golden Boot ("Soulier d'Or") Awards - RSSSF 2010年8月30日閲覧。
  20. ^ Champions' Cup 1991-92 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。
  21. ^ Former stalwart Petrovic named Red Star coach - guardian.co.uk 2010年8月30日閲覧。
  22. ^ サッカー=レッドスターの選手が窮状を訴える - ロイター(2009年4月12日)
  23. ^ a b Red Star Belgrade and Gazprom sign shirt deal - eufootball.biz 2010年7月22日付記事
  24. ^ Red Star Belgrade sign multi-million dollar deal with Gazprom - SportsPro 2010年7月16日付記事
  25. ^ Stadion - crvenazvezdafk.com(2010年6月11日閲覧)
  26. ^ Svaki drugi Srbin navija za Zvezdu - B92(2008年2月27日)
  27. ^ SAYONARAとは言わないで!~ユーゴスラビアの人々が語る「ピクシー」(後編) - スポーツナビ(2010年6月11日閲覧)
  28. ^ THE LIST: The greatest rivalries in club football, Nos 10-1 - dailymail.co.uk 2009年11月27日付記事。
  29. ^ サッカー=レッドスターのサポーター150人、チェコで拘束 - ロイター(2009年8月21日)
  30. ^ First Team”. FK Crvena zvezda. 2019年9月16日閲覧。
  31. ^ Licensed for UEFA Champions League”. UEFA. 2016年7月9日閲覧。
  32. ^ Licensed for the Serbian SuperLiga”. superliga.rs. 2016年7月20日閲覧。
  33. ^ Tim je šesta Zvezdina zvezda - B92(2010年5月26日)
  34. ^ Yugoslavia - List of Topscorers - RSSSF 2010年8月30日閲覧。

外部リンク編集