レッドブルRB1 (Red Bull RB1) はレッドブル・レーシング2005年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。2005年の開幕戦から最終戦で実戦投入された。

レッドブル・RB1
Coulthard RedBull Canada2005.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター レッドブル
デザイナー マーク・スミス
ロバート・テイラー
後継 レッドブル・RB2
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
エンジン コスワース TJ2005 3.0 90度 V10 NA ミッドエンジン
トランスミッション レッドブル製 7速 セミAT
燃料 カストロール
タイヤ ミシュラン
OZ ホイール
主要成績
チーム オーストリアの旗 レッドブル・レーシング
ドライバー イギリスの旗 デビッド・クルサード
オーストリアの旗 クリスチャン・クリエン
イタリアの旗 ヴィタントニオ・リウッツィ
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2005年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
19000
テンプレートを表示
2005年のカナダGPモントリオールを走行するRB1(ドライバーはデビッド・クルサード

2006年に姉妹チームであるスクーデリア・トロ・ロッソが走らせたSTR1はこのマシンをベースとしている。

開発編集

前身であるジャガー・レーシングが2005年向けに開発していたR6をレッドブルが改修したマシン。フロントノーズが高く持ち上げられており、フロントウイング位置上昇に対応している。また、全体的にコンサバなデザインのマシンだったが、信頼性の高さに助けられ、予想以上にポイントを獲得できた。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
 
MAL
 
BHR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
EUR
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
BEL
 
BRA
 
JPN
 
CHN
 
2005 14   クルサード 4 6 8 11 8 Ret 4 7 DNS 10 13 7 Ret 7 15 Ret Ret 6 9 34 7位
15   クリエン 7 8 DNS 8 DNS Ret 15 9 Ret 8 13 9 9 9 5
  リウッツィ 8 Ret Ret 9