メインメニューを開く

レッド・バロン』(原題:Von Richthofen and Brown)は、1971年制作のアメリカ合衆国の映画

レッド・バロン
Von Richthofen and Brown
監督 ロジャー・コーマン
脚本 ジョン・ウィリアム・コリントン
ジョイス・H・コリントン
製作 ジーン・コーマン
出演者 ジョン・フィリップ・ロー
ドン・ストラウド
音楽 ヒューゴー・フリードホーファー
撮影 マイケル・リード
編集 ゲオルグ・ファン・ノイ
アラン・コリンズ
製作会社 コーマン・プロ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 ユナイト
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年7月28日
日本の旗 1972年2月26日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $900,000[1]
テンプレートを表示

第一次世界大戦で活躍したドイツ空軍の英雄“赤い男爵”(レッド・バロン)ことマンフレート・フォン・リヒトホーフェンの最期を通して、栄光と名誉の騎士道的戦いから汚い殺しのビジネスとしての大量殺戮戦争への大きな転換を描いた作品。俳優たちを本物の複葉機に乗せて撮影された。ロジャー・コーマン監督。2008年の映画『レッド・バロン (2008年の映画)』とは無関係。

新版ソフトのタイトルは『レッドバロン』、TV放映時タイトル『三枚翼の英雄!ドイツ空軍撃墜王戦記 レッド・バロン』。

目次

あらすじ編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[2]

スタント飛行にはリチャード・バックが参加している。

脚注編集

  1. ^ Reddo Baron (1971) - Box office / business
  2. ^ 初放送1977年8月8日 TBS月曜ロードショー』 ※日活盤DVDにのみ収録。

関連項目編集

外部リンク編集