レデンプトリスチン修道会

レデンプトリスチン修道会は、1731年イタリアで創設されたカトリック教会の女子観想修道会。正式名称は、厳律至聖贖罪主修道女会

レデンプトリスチン修道会
CSsR Coat of arms
設立 1731年5月13日 (1731-05-13)
設立者 福者マリア・セレスタ・クロスタローザイタリア語版
種類 カトリック教会の修道会
ウェブサイト www.ossr-nuns.com
テンプレートを表示

創設編集

レデンプトール会創立者の聖アルフォンソ・デ・リゴリ指導の下、福者マリア・セレスタ・クロスタローザイタリア語版が創立した修道会。1750年教皇ベネディクトゥス14世から正式な認可を受ける。現在、世界各地に広がり、日本では1959年に長崎市、1963年に長野県、その後は鎌倉市茅野市宮崎県西都市にも修道院が置かれ、主に祈りを中心にした生活を送る[1]

会の精神編集

贖い主であるキリストとの一致[1]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集