メインメニューを開く

レトロでんしゃ館(レトロでんしゃかん、Nagoya City Tram & Subway Museum)は愛知県日進市浅田町の名古屋市交通局日進工場の敷地内にある名古屋市交通局が運営する施設である。正式名称は名古屋市 市電・地下鉄保存館

Japanese Map symbol (Museum) w.svg レトロでんしゃ館
Nagoya City Tram & Subway Museum
Nagoya City Tram & Subway Museum 02.JPG
レトロでんしゃ館
レトロでんしゃ館の位置(愛知県内)
レトロでんしゃ館
愛知県内の位置
施設情報
正式名称 名古屋市 市電・地下鉄保存館
専門分野 鉄道
管理運営 名古屋市交通局
開館 2000年6月2日
所在地 470-0124
愛知県日進市浅田町笹原30
位置 北緯35度7分22.49秒 東経137度1分19.46秒 / 北緯35.1229139度 東経137.0220722度 / 35.1229139; 137.0220722座標: 北緯35度7分22.49秒 東経137度1分19.46秒 / 北緯35.1229139度 東経137.0220722度 / 35.1229139; 137.0220722
外部リンク レトロでんしゃ館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

レトロでんしゃ館は2000年(平成12年)6月2日[1]に、名古屋市交通局日進工場敷地内にオープンした地下鉄・路面電車車両の静態保存施設で、館内には名古屋市交通局でかつて使用されていた地下鉄や市電の車両が3台展示されている[2]。また、常設・企画展示コーナーや鉄道運転シミュレータ(「とことん地下鉄!!大名古屋」を利用している)などもある。

入口の近くにある事務所では各種資料や鉄道運転ゲーム(「とことん地下鉄!!大名古屋」)などの交通局グッズを販売している。

展示されている車両には自由に入ることもでき、車内には当時の新聞記事やポスターなどが展示されている。

展示されている車両編集

開館時間・休館日編集

アクセス編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e レトロでんしゃ館(名古屋市 市電・地下鉄保存館) (PDF)”. 一般社団法人 公営交通事業協会. 2015年5月23日閲覧。
  2. ^ ただし、本施設オープン前にも1970年から1979年まで、藤が丘工場敷地内に「名古屋市電展示場」が設けられていた。

関連項目編集

外部リンク編集