メインメニューを開く

レナード衛藤(Leonard Eto、1963年 - )は日本で活躍する和太鼓奏者。

目次

略歴編集

米国ニューヨーク生まれ[1]

1984から1992年まで和太鼓集団鼓童に参加し、その後独立。ボン・ジョヴィボブ・ディランなどと共演している。またメルセデス・ベンツadidasCMに楽曲が使用されている[1]。2007年には、自身がプロデュースするレーベル「クラブ・レオ・ミュージック」を立ち上げた。

父は箏曲家衛藤公雄。兄はパーカショニストスティーヴ エトウ

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • LEO(1999年、イーストワークスエンターテインメント)
    • LEO+1(2003年、nowgomix Records) - 曲目を追加して再発された版。
  • Duets(2002年、nowgomix Records)
  • Blend(2005年、nowgomix Records)
  • OCEAN(2006年、nowgomix Records)
  • 蒼い月(2007年、Club Leo Music)
  • Blendrums(2007年、Club Leo Music)

ベストアルバム編集

  • GRATITUDE(2008年、Club Leo Music)

コラボレーション編集

  • ALIVE! in Tenkawa (2001年、ブーガルー)
    • スティーヴ・エトウとの共作。ライブアルバム。
  • ALIVE!II in YOKOHAMA (2010年)
    • スティーヴ エトウとの共作第二弾。ライブアルバム。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b アルバム「Blendrums」のライナーノーツより

外部リンク編集