メインメニューを開く

レネゲイズ』(Renegades)は1989年に制作されたアメリカ映画である。

レネゲイズ
Renegades
監督 ジャック・ショルダー
脚本 デヴィッド・リッチ
製作 デヴィッド・マッデン
製作総指揮 ジェームズ・G・ロビンソン
ジョー・ロス
テッド・フィールド
ロバート・コート
出演者 キーファー・サザーランド
ルー・ダイアモンド・フィリップス
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 フィル・ミュークス
編集 ロバート・ブラウン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年9月13日
日本の旗 1991年12月7日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $9,015,164[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

フィラデルフィアの若い警官バスターは、反抗的で、上官を殴ったりする問題青年。休暇の間にマリノ率いるダイヤの強奪団一味に囮捜査として加わっていた。一方、ラコタ・スー族の若いインディアン青年ハンクは先祖代々に伝わる槍を展覧会に出品するため父、兄とともにフィラデルフィアにやってくるが、ダイヤ強盗計画を決行中のマリノたちの騒ぎにまき込まれ、兄を殺され槍も奪われてしまう。仇を討とうとするハンクは、マリノに腹部を打たれ置き去りにされていたバスターを、父の呪術の力を借りて治療し、事情を聞き出す。共にマリノを追うことになったバスターとハンクは一緒に行動し始める。バスターは警察上層部のフィンチに汚職の匂いをかぎつけ、決定的な証拠を捜そうとマリノの情婦バーバラの力を借りようとするが、マリノの手下たちと銃撃戦になり、バーバラも巻き込まれて命を失う。マリノらがダイヤの取り引きを牧場で行うことをつきとめたバスターとハンクは現場に向かい、待ちぶせたフィンチが火を放ち、炎の中で大銃撃戦に。激しい戦いの中、ハンクはマリノとの一騎討ちの末見事父のかたきをとり、バスターもフィンチの罪を証明したのだった。

キャスト編集

出典編集

外部リンク編集