レネル男爵英語: Baron Rennell)は、連合王国貴族男爵位。1933年に外交官レネル・ロッド英語版が叙せられたのに始まる。

レネル男爵
Coronet of a British Baron.svg
Rennell Escutcheon.png

紋章記述

Arms:Argent two Trefoils slipped Sable on a Chief of the second three Crescents of the first Crest:A Representation of the Colossus of Rhodes over the shoulder a Bow in the dexter hand an Arrow and in the sinister hand a Cup all proper Supporters:On either side a Cornish Chough wings elevated and addorsed proper charged on the breast with a Trefoil slipped Argent
創設時期1933年3月1日
創設者ジョージ5世
貴族連合王国貴族
初代初代男爵レネル・ロッド英語版
現所有者4代男爵ジェイムズ・ロッド
相続人なし
推定相続人なし
付随称号なし
現況存続
モットー神の導きとともにあるならば、
万事は真理なり

(Recte Omnia Duce Deo)

なお、ロッド家に男爵位以外に保持する爵位はない。

歴史編集

スウェーデン全権公使英語版(在職1904年-1908年)やノルウェー全権公使英語版(在職1904年-1905年)、イタリア大使英語版(在職1908年-1919年)等を歴任した外交官レネル・ロッド英語版(1858-1941)は、1933年3月1日連合王国貴族爵位ヘレフォード州におけるロッドのレネル男爵(Baron Rennell, of Rodd in the County of Hereford)に叙せられた[1][2]

初代男爵の次男で2代男爵を継承したフランシス・ロッド(1895–1978)は、陸軍軍人であり、1922年と1927年の二度にわたってサハラ砂漠中央部の探検を行い、トゥアレグ族についての著書『People of the Veil』を著した[3]

2代男爵には女子しかなかったため、2代男爵の死後にはその甥(初代男爵の末息子の次男)であるトレメイン・ロッド英語版(1935–2006)が3代男爵を継承した。彼は海軍軍人でラグビー選手だった。

3代男爵の死後はその長男であるジェイムズ・ロッド(1978-)が4代男爵を継承した。2018年現在の当主も彼である[4][2]


男爵家の紋章に刻まれるモットーは『神の導きとともにあるならば、万事は真理なり(Recte Omnia Duce Deo)[2]

レネル男爵 (1933年)編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Lundy, Darryl. “James Rennell Rodd, 1st Baron Rennell” (英語). thepeerage.com. 2018年12月28日閲覧。
  2. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Rennell, Baron (UK, 1933)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2018年12月28日閲覧。
  3. ^ Rogerson, Barnaby. “ARTICLES Follow the Leader: Rosita Forbes and Hassanein Ahmed Bey and their journey through the Libyan desert to Kufara, North Africa Travel / Telegraph 2002 (syndicated)”. Barnaby Rogerson. 2014年4月10日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “James Roderick David Tremayne Rodd, 4th Baron Rennell” (英語). thepeerage.com. 2018年12月28日閲覧。