レフ・シャウミャン

レフ(レヴァ[3])・ステパノヴィチ・シャウミャンロシア語: Лев (Лева) Степанович Шаумян1904年4月25日 - 1971年5月24日)、民族名レヴォン(レヴァン[4])・ステパニ・シャフミアンアルメニア語: Լևոն Ստեփանի Շահումյան)は、ソビエト連邦のジャーナリスト。

レフ・ステパノヴィチ・シャウミャン
誕生 Лев Степанович Шаумян
Լևոն Ստեփանի Շահումյան
(1904-04-25) 1904年4月25日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国チフリス県ロシア語版チフリス郡チフリス
死没 (1971-05-24) 1971年5月24日(67歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
職業 ジャーナリスト
言語 ロシア語アルメニア語[1]
国籍 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
民族 アルメニア人
教育 スヴェルドロフ共産大学
最終学歴 全連邦共産党(ボ)中央委員会附属高等党学校ロシア語版
主題 共産党史・ソ連史
主な受賞歴 レーニン勲章[2]
親族 ステパン(父)
スレン(兄)
セルゲイ(弟)
所属 「ソビエツカヤ・エンツィクロペディヤ」
テンプレートを表示

生涯編集

1904年4月25日、革命家ステパン・シャウミャンの次男[5]としてロシア帝国チフリス県ロシア語版チフリスに生まれた[2]。後に歴史家となるセルゲイ (hy) は弟[6]1917年9月からバクーボリシェヴィキ組織で活動を始め、1918年夏にはバクー・コミューンを防衛する戦いに参加して負傷し、同年9月にコミューンが崩壊するとコミューン成員らとともに逮捕・収監された[2]。父は処刑されたが、自身は兄スレンとともに処刑を逃れ[7]、その後ヨシフ・スターリンに引き取られた[4]

1919年からボリシェヴィキ党員となり、同年から翌1920年までバクーとチフリスの地下組織で活動[2]。第8回 (ru) および第9回 (ru) 全ロシア・ソビエト大会スペイン語版では組織委員会で働き、第10回英語版および第11回英語版(そして第17回ロシア語版)党大会にも出席している[2]1922年から翌1923年までスヴェルドロフ共産大学で学び、1924年から1932年までスターリングラードモスクワ、バクー、ロストフ・ナ・ドヌで活動した[2]

1932年からは数々の新聞の編集に携わり、1941年から1946年までは『ウラリスキー・ラボーチー』(ru) 編集長を務めた[2]1948年高等党学校ロシア語版を卒業[2]。翌1949年から「ソビエツカヤ・エンツィクロペディヤ」出版社 (ru) で働き、1954年から大編集委員会メンバー、1959年から第一副編集長として『ソビエト大百科事典』第2版・第3版および『ソビエト小百科事典ロシア語版』第3版の編集に関わった[2]。科学編集出版会議副議長も務め、共産党史、ソ連史や[2]バクー・コミューン、革命家カモについての著作もある[1]

1971年5月24日、モスクワで死去した[2]

脚注編集

  1. ^ a b "ՇԱՀՈՒՄՏԱՆ". Հայկական Սովետական Հանրագիտարանロシア語版. 8. Երևան: Հայ սովետական հանրագիտարան հրատարակչություն. Վիկտոր Համբարձումյան. 1982. p. 430. |chapter-url=の38文字目にC1制御文字が入力されています。 (説明)
  2. ^ a b c d e f g h i j k ШАУМЯН 1 // ЧЖАН ВЭНЬ-ТЯНЬ — ЯШТУХ. — М. : Советская энциклопедия, 1976. — (Советская историческая энциклопедия : [в 16 т.] / гл. ред. Е. М. Жуков ; 1961—1976, т. 16).
  3. ^ ミコヤン (1973) vi頁
  4. ^ a b サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ『スターリン - 青春と革命の時代』松本幸重訳、白水社、2010年(原著2007年)、616頁。ISBN 978-4-560-08052-8
  5. ^ ミコヤン (1973) 152頁
  6. ^ ՍԵՐԳԵՅ ՇԱՀՈՒՄՅԱՆ”. AV Production. 2018年4月1日閲覧。
  7. ^ ミコヤン (1973) 270頁

参考文献編集