レベリオン・レーシング

レベリオン・レーシング(Rebellion Racing)はスイスのレーシングコンストラクター。2008年には時計の高級ブランド「レベリオン」を設立している[1]

レべリオン・レーシング
Rebellion R13 - Gibson - Rebellion Racing - 2019 6 Hours of Spa-Francorchamps.jpg
本拠地 スイスの旗スイス
活動期間 2007-2020
カテゴリ FIA世界耐久選手権
ルマン24時間レース
ル・マン・シリーズ
公式サイト https://www.rebellion-racing.com/en/
テンプレートを表示

歴史編集

初期編集

 
ローラB10/60・トヨタ(2011年)

2007年よりル・マン・シリーズGT2クラスに参戦を開始し、ランキング5位に入った。2008年にはLMP2クラス、2010年にはLMP1クラスへとステップアップしている[2]

2011年よりTMG(トヨタ・モータースポーツ)がLMP1エンジン(RV8K-LM・V8自然吸気)供給をするという形でパートナーシップを結び、2010年の10月にポルトガルのポルティアモとスペインのモンテブランコでレベリオンとTMGが集いテスト走行を行った。シャーシはローラ・B10/60である。この時点でのドライバーはニール・ジャニ/ニコラ・プロストとアンドレア・ベリチッチ/ジャン=クリストフ・ブイヨンであった。

ル・マン24時間レースでは12号車のニコラス・プロスト/ニール・ジャニ/ジェロエン・ブリークモレンが予選で8位、決勝では6位フィニッシュを記録し、ガソリン車ではトップのフィニッシュとなった。13号車のアンドレア・ベリチッチ/ジャン=クリストフ・ブイヨン/ガイ・スミスは190週目でリタイアを喫した。しかし同年のル・マンシリーズでは1点差でLMP1クラスチーム王者に輝いている。

またインターコンチネンタル・ル・マン・カップの、珠海国際サーキットで行われた珠海6時間レースでは劇的なレースを展開する。ニール・ジャニ/ニコラス・プロストのマシンはレース序盤にアラン・マクニッシュの駆るアウディ・R18と接触し、ボディ全体を取りかえるために予定外のピット作業を敢行しなければならなかった。そこからインターコンチネンタル・ル・マン・カップのLMP1クラスでのランキング3位を保持するために必要なポイントが獲得できる4位まで追い上げてフィニッシュした。そして見事、ディーゼル・ターボのプジョーとアウディに次ぐシリーズ3位の座をものにした。

WEC参戦編集

 
ロータス・トヨタ(2012年)

2012年2月1日にニック・ハイドフェルドがドライバーラインナップに加わり、同年開幕のFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦することが発表された。またロータスがスポンサーにつくことが発表され、エントリー名はロータス・レベリオン・レーシングとなった。セブリング12時間レースで12号車のニコラス・プロスト/ニック・ハイドフェルド/ニール・ジャニが3位表彰台を獲得した。また同年プチ・ル・マンにも参戦、総合優勝を収めている。

 
レベリオン・R-One(2014年)
 
オレカ 07・ギブソン 31号車(2017年)

2014年にロータスとの2年間の契約が終了し、新規にレベリオン・レーシングとしてFIA 世界耐久選手権(WEC)にプライベーターとしてLMP1-Lのクラスに参戦。初戦は前年と同じローラ・B12/60を使うが、第2戦からはフランスのコンストラクターであるオレカと共同開発した新型車両のレベリオン・R-Oneを投入した。ワークスハイブリッド勢の競争が激化したことで、ライバルがバイコレスのみという状態ではあったが、3年間稀少なプライベーターとしてLMP1に2台体制で参戦し続けた。なお2015年にはエンジンをトヨタからAER製の2.4LV6ツインターボに変更している[3]

2017年は競争を求めてLMP2にステップダウン。2台体制での参戦で、シャーシはオレカ・07。ル・マンでは優勝できなかったものの、シリーズでは前年圧倒的な強さを誇っていたシグナテック・アルピーヌ・マットムートや、最終戦までチャンピオン争いを繰り広げたジャッキー・チェン・DCレーシングを打ち破り、チャンピオンとなった。

2018年はLMPのワークスがトヨタ1社となり、プライベーターにも有利なレギュレーションとなったため、他の多数のプライベーターたちと共にLMP1に2台体制(1号車と3号車)で復帰する。ドライバーは1号車がニール・ジャニアンドレ・ロッテラーブルーノ・セナ。3号車がグスタヴォ・メネゼストーマス・ローランマティアス・ベシェの計6名。マシンはR-One同様オレカとの共同開発のレべリオン・R13、エンジンはギブソン製 GL458を搭載する。2018年4月にはTVRとの提携を発表した[4]。シーズンの多くはトヨタ勢の後塵を拝したが、トヨタ・TS050 HYBRIDの2台がチェッカー後に失格となったシルバーストンで、繰り上がりではあるが、3号車(メネゼス/ローラン/ベシェ組)がシーズン初優勝を果たした。

 
レべリオン・R13 3号車(2019年)

2019年-2020年のシーズンはメンバーを変更。離脱したジャニとロッテラーに代えて、メネゼスが1号車へ移り、新たにノーマン・ナトーがレギュラーメンバーとして加入した。予選及びレースではサクセス・ハンディキャップの助けもあり、第4戦上海と第5戦ローンスター・ル・マン(COTA)で勝利した。

2020年はチームオーナー兼プレジデントのアレクサンドル・ペシが、ロマン・デュマが率いるチームRDリミテッドが開発した『レベリオンDXXバギー』のステアリングを自ら握りダカール・ラリーにも参戦。TOYOTA GAZOO Racingで前年総合優勝を果たしたナッサー・アル=アティヤ/マシュー・バウメル組から指導を受けた[5]甲斐あって、ルーキークラス3位、ガソリン二輪駆動車クラス11位で完走を果たした[6]

このように精力的な活動を行ってきたレベリオンは一時はプジョーハイパーカー規定で提携することも正式に発表されていた[7]が、ダカール直後の2020年2月13日、「ブランド戦略の方針転換」を理由に同年のル・マンを最後にモータースポーツを含むすべてのスポーツビジネスを終了することを発表[8]。その後バーレーン戦まで継続する予定であったが、実際にはエントリーをせず、結果的にはル・マンで15年に渡るモータースポーツの歴史に幕を下ろした[9]

2020年4月の時点で、CEOのカリム・ブハドラはダカールやグループGT3で活動を続ける可能性を示唆した[10]が、これらは2021年現在まで実現されていない。

なお時計事業ではモータースポーツ業界への関与を続けており、2020年3月からブランパンに代わってGTワールドチャレンジの公式タイムキーパーを務めている。同年途中には日本展開も表明し、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するBuzz Racing Team with B-Max、及びスーパー耐久に参戦するAudi Team Marsのスポンサーにも就任した[11]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集