メインメニューを開く

レミー (マリオシリーズ)

マリオシリーズのキャラクター
マリオシリーズ > キャラクター > クッパファミリー > コクッパ > レミー (マリオシリーズ)

レミー (Lemmy Koopa) は、任天堂コンピュータゲームソフト『マリオシリーズ』に登場する架空のキャラクター。コクッパ7人衆の一番小柄なコクッパ(ただし最年少はラリー)。

目次

概要編集

レインボーなモヒカンと、小柄な体格が特徴。登場作品のいくつかでは星のマークが描かれたボールで玉乗りをしている。初期作品の公式イラストや多くのゲーム作品では甲羅の色は緑色だったが、『スーパーマリオワールド』のゲーム中ドット絵では甲羅が黄色になっており、その後再登場した『New スーパーマリオブラザーズ Wii』以降でも同様に、公式イラスト・ゲーム中ともに甲羅がオレンジ色に近い濃い黄色へと変更されている。

髪型は前方に流れるような虹色のモヒカン(旧作の公式イラストでのイギーに似ているがより濃い色で、髪の流れはラリーとは逆方向)。初期は顔の両側の目の横に各2本のフェイスペイントが描かれており(色は初期の公式イラストではピンク、ゲームでは白やオレンジ色)、公式イラストの多くでは斜視の焦点が合っていない(ただし一部の作品では、通常時は正常な視点の場合もある)。『New スーパーマリオブラザーズ Wii』以降はフェイスペイントの色がオレンジに統一された上で、基本的には左目側のみになり、さらに新たにうなじあたりからスカーフのように長く伸びる黄色い髪の毛らしきものが飛び出している。また、モヒカンの配色も、初期の公式イラストでは手前からピンク・水色・ピンク・黄色・緑だったものが、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』以降は手前から黄色・ピンク・水色・黄色・ピンク・水色になり、色ごとに束が分かれるようになった。

操るボールの色は、『スーパーマリオブラザーズ3』の公式イラストでは黄色地に水色の星印、ゲーム中ドット絵では緑色地に黄色の星印だったが、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』以降は公式イラスト・ゲーム中ともに黄色地にオレンジ色の星印になっている。

運動神経がいいらしく、『スーパーマリオブラザーズ3』などでは、星印のマークが付いた玉に乗りながら攻撃を仕掛けてくる。ひょうきん者で、ダミーを用意したり、玉や爆弾を投げたりなど、毎回独特な方法で戦いを挑んでくる。『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の砦で出会う時、高めの声で「はぁっ!?」と聞こえる奇声を発し、すぐに玉の上で片手立ちなどを披露する。倒した後も、他のコクッパと違い、負けているにも関わらず高めのテンションで退場する。ボールが盾となるため、全作品通じて唯一ファイヤーボールが効かない、もしくは当てにくいコクッパでもある。

『スーパーマリオアドバンス4』のカードe+のセリフでは、一人称は「ぼく」となっており、やや暢気な口調で喋っている。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』のフィギュアの説明文では、あどけなさが残るやんちゃな性格とされており、体が小さいことをバカにされるのを嫌っている。『マリオ&ルイージRPG』では一人称がカタカナの「ボク」になり、「ケケッ」と笑うやんちゃな口調となっている。口調や一人称が変わっているメンバーがほとんどの中で、彼は当時から僅かな違いはあるものの、一人称や口調がほとんど変更されていない。

名前の由来はモーターヘッドのリーダーのレミー・キルミスターとされている[1]

ゲームでの声優は、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』以降はレニ・ミネルラ英語版が担当。

歴史編集

スーパーマリオブラザーズ3』(1988年
初登場作品。ワールド6、氷の国の王様アシカSFC版『スーパーマリオコレクション』、GBA版『スーパーマリオアドバンス4』ではチョロプー)に変えていた。前述のように玉乗りをしており、ジャンプは一切しない。また、手に持つ杖からビームを出してくることもない。そのかわり、大きくバウンドする玉を最大3つ放出してくる。その玉は踏むことはできるが、レミーを倒すまで消すことはできない。3つの玉をかわしながら、時々突進してくるレミーと戦うこととなる。
スーパーマリオワールド』(1990年
3面「バニラドーム」のボスとして登場。7個の土管があり、そのうち3つの土管からランダムにレミーが登場する。本物は1体だけで、他の2つから出たものは偽者である。本物を3回踏めば勝ちとなる(後に6面のウェンディも同じ戦法を使う)。フィールド上にはバブルに似た火の玉が浮遊している(動きはランダムではなく、直線的に動き、天井や壁にぶつかると光が反射するように折り返して進む)。スターロードを使わない場合、コクッパの中で戦わずにクリアが可能。他には7面のラリーのみ。
スーパースコープ6』(1993年
コクッパの中でレミーのみゲスト出演しており、「レーザーブレーザー」の「インターセプト」(ミサイルを撃ち落としていくゲーム)にて、飛行機に乗ったマリオロケットに乗って追いかけてくる。プレイヤーはレミーを撃ち落とすとミス回数を1回減らすことができるという、ボーナスキャラクター扱いとなっている。
ヨッシーのロードハンティング』(1993年)
1面「草原コース」のボス。レミー自身の姿を模したロボットで襲い掛かってくる。攻撃は弾のみ。
Hotel Mario』(1994年
日本未発売。4面「Lemmy's High-ate Regency Hotel」のボスとして登場。
スーパーマリオアドバンス4』(2003年
ゲーム本編では原作『スーパーマリオブラザーズ3』と同様だが、新たに『スーパーマリオアドバンス4 カードe+』のシリーズ2に収録された追加コースカード12「ひこうせんはとまらない!」にてステージボスを務めている。
マリオ&ルイージRPG』(2003年)
クッパ城の中ボスで、コクッパの3番手として登場。まずは、レミーが4体に分身して、本物を当てるミニゲームをする。本物を当てると泣きだし、戦闘開始。技はモートンより近い位置からの炎と分身。分身はさっきのミニゲーム同様4体分身する。その中に、1匹だけ動きがずれているのが本体(偽者はクリボー)。攻撃技が一つしかないので、大して強敵ではない。感情表現はあるが、セリフはない。
『スーパーマリオ 不思議のジャンジャンランド』(2004年
スーパーマリオアドバンス4』のグラフィックを使用したカプコンアーケードメダルゲーム。ボーナスチャンス「コクッパバトル」で他のコクッパ達と共に登場。
New スーパーマリオブラザーズ Wii』(2009年
ワールド3の砦と城のボス。玉に乗っている。レミー自身に触れない限りダメージを受けることはないが、玉によって両端の穴に落とされる。城の時は、乗っている玉がカメックによって巨大化し、レミーの出す玉に乗らないと踏むことができない。何かに乗って高く飛ぶという初心者には少し難しいテクニックを求められ、人によってはワールド7のルドウィッグよりも強敵とされる。
太鼓の達人Wii みんなでパーティ☆3代目!』(2010年)、『太鼓の達人 Wii 決定版』(2011年)、『太鼓の達人 Wii 超ごうか版』(2012年
Wii版『太鼓の達人』シリーズの3 - 5作目に収録されたメドレー楽曲『New スーパーマリオブラザーズ Wii』にて、演奏中に魂ゲージが最大まで達すると、画面手前に他の7人衆やクッパJr.と一緒に登場する。
New スーパーマリオブラザーズ 2』(2012年
隠しステージ・フラワーワールドのボス。前作の砦のパターンと同じだが、足場がベルトコンベアになっているため戦いにくい。ルートの進み方によっては戦わないでクリアすることも可能。
上記の他、ワールド6-城、ワールドスター-城では7人全員がクッパクラウンに乗って画面奥から石化攻撃を放ってくる。
New スーパーマリオブラザーズ U』(2012年)、『New スーパールイージ U』(2013年
ワールド1「ドングリへいげん」のボス。前作、前々作同様玉に乗っている。ボール型の爆弾を投げて攻撃してくる。この爆弾は踏むかぶつかると点火し爆発するが、爆風に当たらない限りダメージは受けない。
マリオカート8』(2014年
隠しレーサーとして参戦。他の7人衆と同様にゲームでは初めて操作可能になった。キャッチコピーは 「すばしっこさナンバー1」。軽量級(最軽量級)で、コクッパの中では一番軽い。「GC シャーベットランド」のスタッフゴーストとしても登場する。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』(2014年
クッパJr.のカラーバリエーションのひとつとして参戦。モーションを共有しつつ、カラー変更でグラフィックや音声などがそれぞれのキャラクターのものに変化するという非常に特殊な仕様となっており、性能は8名全員で共通している。クッパクラウンの色は黄色。
パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』(2015年
ワールド2のボスとして登場。闇属性。「レミーナイトメア」などのスキルを使う。また、ワールド8では7人全員がクッパと共にクッパクラウンに乗り込んで「クッパぐんだん(闇属性・属性変化あり)」として登場し、クッパJr.と並んで共に戦う。
裏ワールド2をクリアするとレミーがサブキャラクターとして使用可能となる。
マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX』(2015年)
今作よりゲーム内では初めて明確に台詞を伴っての登場となり、一人称は「ボク」で「ケケッ」と笑う。ソクリ山地にてイギーとモートンともに登場するが、この時はまだ戦わない。その後もイギー、モートンとトリオを組んで登場しており、最終ダンジョンで戦う。彼らとのバトルでは、モートンによってスターカードが全て敵味方問わずダメージを与える効果のものとなってしまう他、彼らの攻撃は全てトリオ回避で避けなければならず、失敗すると即ゲームオーバーとなる。レミー、イギー、モートンの順で、レミーは1番手で大玉を転がしてマリオ達を追いかけて攻撃してくる。3人の連続攻撃を全て回避すると3人は気絶するため、この隙を付いて攻撃することができる。
ペーパーマリオ カラースプラッシュ』(2016年
大ペンキスターの捜索のため派遣され、森林地帯の奥地にサーカス小屋を建てて、そこの大スターになっている。マリオをおびき寄せ、目の前で大ペンキスターを奪って恥をかかせようとしたが、魔法が大ペンキスターには通用せず、やむなく天井の穴から屋上に逃げた。戦闘ではサーカスボールに乗っており、魔法で部下を召喚して戦わせたり、マリオのカードを消去してくる。体力が減ると杖を変化させたスペシャルボールに乗り、甲羅に入って防御する。
マリオカート8 デラックス』(2017年
最初から使用可能。軽量級。
マリオ&ルイージRPG1 DX』(2017年)
本編のボス戦では固有の台詞が追加されている他、分身時に回転してシャッフルするようになった。新モード「クッパ軍団RPG」にも登場。

ゲーム作品以外編集

登場作品編集

脚注編集