レンスター・ラグビー

レンスター・ラグビー(Leinster Rugby)は、アイルランドラグビーユニオンクラブである。現在、プロ14に所属している。1879年創設。

レンスター・ラグビー
愛称 Les Bleus, Boys in Blue
創設年 1879年
本拠地 アイルランドダブリン
グラウンド RDSアリーナ (収容人数:18,500)
アビバ・スタジアム (収容人数:51,700)
CEO ミック・ドーソン
コーチ レオ・クーレン
主将 ジョナサン・セクストン
最多キャップ ゴードン・ダーシー (257)
最多得点選手 ジョナサン・セクストン (1,538)
最多トライ選手 シェーン・ホーガン (69)
所属リーグ プロ14
2019–20 1位(プレーオフ優勝)
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
www.leinsterrugby.ie
テンプレートを表示

歴史編集

クラブ創設~プロ化まで編集

アイルランドの南東部、レンスターの地域代表チームとしては1875年頃から活動しており、アルスターの代表チームなどと連合してイングランド代表チームとの試合を行っていた。1879年、ワンダラーズFC、ランズダウンFC、ダブリン大学といった地元クラブの選手たちによる地域代表チームとして、正式に設立された。[1][2]その後は第一次世界大戦第二次世界大戦による中断をはさみながら、地域内、地域間での試合が行われた。

プロ化~2014年頃まで編集

1990年代中盤、ラグビーユニオンのプロ化に伴いレンスター・ラグビーもプロのクラブとなった。新たに作られたケルティックリーグ(現在のプロ12)に参加した2001年には「レンスター・ライオンズ」という呼称があったが、2004-2005年シーズンの前にライオンズの名前はなくなっている。ケルティックリーグの初年度はプール戦で7戦全勝し、決勝では同じくアイルランドのマンスター・ラグビーを下して優勝を果たした。翌シーズン、プロ12のプール戦で5位に沈むものの同年のハイネケンカップでプール戦6戦で全勝した(その後準決勝でUSAペルピニャンに敗れ敗退)。以降、ケルティックリーグ・ハイネケンカップにおいて数シーズンに渡りタイトル獲得を逃す期間が続き、2006年に進出したハイネケンカップの準決勝でもライバルのマンスターに6-30で敗れている。

2007-2008年シーズン、レンスターはケルティックリーグで2002年以来の優勝を果たし、翌シーズンのハイネケンカップでは決勝でイングランドのレスター・タイガースに勝利し、初優勝を遂げた。その後ケルティックリーグ(2011-2012年シーズンからはプロ12)において、2010年から3年連続準優勝、さらに2013年、2014年は連覇を果たし、またハイネケンカップにおいては2011年、2012年とこちらも連覇を成し遂げてクラブの黄金時代を築いた。

2015年~現在編集

2015年、ヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ(ハイネケンカップの後継大会)で準決勝に進出するも前年に準々決勝で敗れたRCトゥーロンにまたも敗れ、タイトルを逃している(RCトゥーロンは3連覇達成)。2018年、ヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップにおいてはフランスラシン92を、プロ14においてはウェールズスカーレッツをそれぞれ決勝で破り2冠を達成した。[3]

獲得タイトル編集

2020-2021スコッド編集

2020-2021のスコッドは次の通り。(2020年12月現在)

レンスター プロ14 スコッド

プロップ

フッカー

ロック

フランカー/No.8

スクラムハーフ

フライハーフ

センター

ウイング

フルバック

太字 はキャップを持っている選手。(c)はキャプテン。

過去の所属選手編集

脚注編集

外部リンク編集